FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

ダムカードを集めよう..............................川俣ダム (2017年10月30日)(栃木県日光市) 

10月30日  

この日は、栃木県の日光市に出かけました。

日光市と言っても、世界遺産の社寺仏閣がある中心地ではなく
旧・栗山村周辺の廃校とダム巡り。
鬼怒川の上流にあたるこの地区には多くのダムが点在し、
国土交通省が管轄する4つのダム(川俣、湯西川、五十里、川治)では
ダムカードを発行しているので、ダムカード集めと相成ります。

日光のダムカード集め。その第1弾は...............川俣ダム


川俣ダムは、鬼怒川改修工事の一環として計画され、
昭和41年に完成した鬼怒川の最も上流に位置するダムです。
洪水による下流河川の氾濫を防ぐための洪水調節、
農業用水の供給、発電のために造られたアーチ式コンクリートダムです。
ダムの高さは117.0m。昭和32年に建設が計画され、
9年の歳月を掛け昭和41年に完成したそうです。




ダムサイトは、瀬戸合峡と呼ばれる奥鬼怒の景勝地であり、
新緑・紅葉の季節の景観は素晴らしく、多くの観光客で賑わうそうです。

観光客用なのか? 駐車場には散策マップが掲げられています。

      20171030川俣ダム01



ダムの見学路が瀬戸合峡の散策路の一部となっているようです。

      20171030川俣ダム02



駐車場からダムまでは、ちょっとした下り。

      20171030川俣ダム03



吊橋も散策路の中にあるようです。

      20171030川俣ダム04



ダムに向かう下り坂から眺めるダム湖。

      20171030川俣ダム05

ダム湖の名称は川俣湖。



川俣ダムも見えてきました。

      20171030川俣ダム06


      20171030川俣ダム07



川俣ダムの天端にて。

       20171030川俣ダム08


渓谷にあるダムだから、風が冷たい。
天端の上はかなり寒い。
雹混じりの雨が冷たい。

      20171030川俣ダム09



ダム完成後、瀬戸合峡の水が涸れてしまう状態が続いていまったため
河川流量維持のために河川維持放流が行われるようになり、清流が復活したそうです。

      20171030川俣ダム10



以前は、ダム関係者だけが利用していた吊橋も
今は、一般公開されています。

      20171030川俣ダム11

ただし、吊橋まではダムから片道20分。
今回は先を急ぐのでパス。
でも、この場所からの紅葉は今が見頃。
晴れていれば...............と思わずにはいられない。




高さ117mの堤体。
これぞ正しくコンクリートダムと言ったいでたち。
とても昭和41年に造られたダムには見えない。

      20171030川俣ダム12



ダム堤体の補強工事なのか?
それとも管理事務所の増築工事?
管理事務所周辺は工事中。

      20171030川俣ダム13




実は、ダムに行くには一度建物内部(展示室)に入ります。
びいすけ を抱き抱えながら、展示室を覗きます。

      20171030川俣ダム14



ちょうど、鬼怒川上流4ダムのスタンプラリーが開催中。

      20171030川俣ダム15

実は、それがお目当てだったりするんですが...............(笑)



川俣ダム、湯西川ダム、五十里ダム、川治ダムの4ダムを巡り
スタンプを台紙に押すと、専用のダムカードホルダーが貰えるらしい。

      20171030川俣ダム16



先ずは、川俣ダムのスタンプゲット!

      20171030川俣ダム17



そして、管理事務所で貰ったダムカードがこちら。

      20171030川俣ダム18


      20171030川俣ダム19



鬼怒川上流4ダム。
先ずは1つ目制覇です。





関連記事
スポンサーサイト



2017/11/28 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit