FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

廃校を訪ねて............... 川俣小中学校 (2017年10月30日)(栃木県日光市) 

10月30日

この日は、栃木県の日光市に出かけました。

日光市でも世界遺産の社寺仏閣がある中心地ではなく、
山間部にあたる旧・栗山村周辺に出かけました。

若間分校跡をあとにして、向かった先は...............日光市立川俣小中学校


川俣小中学校は、Web上にまだ残っている川俣小中学校のHPによれば
川俣小学校は明治8年(1875年)に川俣村に設立された歴史のある小学校だったようです。
明治22年に、川俣村が近隣の野門村・上栗山村・黒部村・土呂部村・日蔭村
日向村・西川村・湯西川村と合併して栗山村が誕生すると
明治25年に栗山村立日向尋常小学校の川俣分教場となり、
昭和22年の学制改革により、栗山村立栗山小学校川俣分校と改称し、
また、中学校は栗山中学校川俣分校として設立されたようです。
昭和37年に独立して栗山村立川俣小中学校と改称します。
平成18年に栗山村が日光市と合併して日光市立栗山小中学校と改称します。
そして、平成22年に栗山小学校、栗山中学校に統合されて廃校となりました。


と、ざっとこのような沿革だったようです。



廃校から7年。
敷地は、地域の避難場所に指定されています。

      20171030川俣小中学校01



こちらが、川俣小中学校跡地。
校舎は既に解体されて、体育館だけが残り、
校庭の一部は緊急用のヘリポートとなっているようです。

      20171030川俣小中学校02


ポツリポツリと降っていた小雨がいつの間にか雹に変わって
顔に当たると痛い、とにかく風が強い(この日東京では木枯らし1号が吹いたらしい)
晩秋の川俣の地。紅葉は今が盛りのようです。

      20171030川俣小中学校03


      20171030川俣小中学校04


      20171030川俣小中学校05



遊具も残っていない校庭。
何もないから広く感じます。

      20171030川俣小中学校06



こちらは体育館の玄関。

      20171030川俣小中学校07




敷地の外れの一角に石碑類がまとめられて建っています。

校訓の碑。

      20171030川俣小中学校08


      20171030川俣小中学校09



こちらは、廃校(閉校)記念碑。

      20171030川俣小中学校10


裏面に沿革が記されていることを期待しましたが
残念でした。

      20171030川俣小中学校11



昭和58年度の卒業生から贈られた碑。

      20171030川俣小中学校12



平成14年に建立された開校40周年の記念植樹の碑。

      20171030川俣小中学校13

肝心の植樹された樹は近くにない。



卒業制作の一つと思われるモニュメント。

      20171030川俣小中学校14



碑の置かれている一角の下には、階段があり削平地。

      20171030川俣小中学校15

第2校庭として使われていたのでしょうか?


旧・栗山村の奥部にあたる川俣の地。
まさか10月の末に雹が降るとは思わず、寒さに震えた地。
緩やかな坂を上ったこの地の学舎跡も、ヘリポートとなり
今や訪れる人も殆どいないようです。








関連記事
スポンサーサイト



2017/11/27 Mon. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit