FC2ブログ

12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

茨城百景 《 鷲尾山と三浦杉 》 (2017年9月14日)(茨城県常陸大宮市) 

9月14日 公休日

この日は茨城県の常陸大宮市に出かけました。

常陸大宮市には、廃校巡りが目的で訪れましたがら
せっかく茨城県に来ているんだから、茨城百景の一つでも
立ち寄ってみないと常陸大宮市に来た意味が無い。

と言うわけで、久しぶりに訪れた茨城百景。

茨城百景 鷲尾山と三浦杉



茨城百景のタイトルでもある三浦杉。

久寿2年(1155年)、相模国の三浦大介義明が勅命により下野国・那須野へ
九尾の狐退治に行く途中で吉田八幡神社に植えた杉のことです。
「われ冥護により よく武運を果し 心願を成就せば この杉 天にそびえよ」
(神のご加護により、武士としての使命を果たし、願いが叶うなら、この杉、天にそびえよ。)
と言ったそうです。
そして、見事に悪狐を退治することが出来ました。
ちなみに、その場所が那須の殺生石のある場所になるそうです。
当初は、この杉を『鎌倉杉』と呼んでいたそうですが、
水戸藩主・水戸光圀が『三浦杉』と改称したそうです。




こちらが『三浦杉』のある吉田八幡神社。

      20170914鷲尾山と三浦杉01

吉田八幡神社は、大同2年(807年)に創建されました。
当初は「八幡神社」としていましたが、
徳川光圀公が「吉田神社」と改め、
昭和12年に「吉田八幡神社」と改称されました。


参道に続く鳥居。

      0170914鷲尾山と三浦杉02


参道には鬱蒼と巨木の杉が立ち並びます。

      0170914鷲尾山と三浦杉03



こちらが、二の鳥居。

      0170914鷲尾山と三浦杉04



そして、鳥居の扁額(神額)。

      0170914鷲尾山と三浦杉05



二の鳥居をくぐって、さらに石段を上れば
明らかに周りの杉の木とは違うオーラを発する杉の巨木。
これが、三浦杉。

      1234


吉田八幡神社の本殿へと続く石段の手前に柵があり
一般客は、これ以上先へは進めません。
どうやら、三浦杉の枯れ枝が落下して怪我をしないようにとの理由らしい。

一応、吉田八幡神社の本殿は、常陸大宮市の指定文化財になっているから
どんな感じなのか?
見てみたかったなぁ...............。

      0170914鷲尾山と三浦杉07



柵の位置から見上げる三浦杉。
石段右側の三浦杉。

      0170914鷲尾山と三浦杉08



石段左側の三浦杉。

      5678



パノラマとはいかないけれど
何枚かに分けて撮ってみました。

           0170914鷲尾山と三浦杉12
        0170914鷲尾山と三浦杉11
      0170914鷲尾山と三浦杉10




根元には手書きの看板。

      0170914鷲尾山と三浦杉13



石碑もありますが、柵があって近寄れない。

      0170914鷲尾山と三浦杉14



吉田八幡神社の近くに、茨城百景の碑が在ると言うことなので、
参道を下って行きます。

      0170914鷲尾山と三浦杉15


      0170914鷲尾山と三浦杉16



周辺を探し回って、碑を見つけました。

      0170914鷲尾山と三浦杉17



こちらが、茨城百景の碑。

『 茨城百景 鷲子山と三浦杉 』

      0170914鷲尾山と三浦杉18



吉田八幡神社から、バイパスを渡り、旧道との交差点に
茨城百景の碑は在りました。

      0170914鷲尾山と三浦杉19



この場所には、他にも碑が建っています。

      0170914鷲尾山と三浦杉22



小田野宿の碑。

      0170914鷲尾山と三浦杉20

この辺りは宿場町だったようです。


そう言われれば宿場町の雰囲気がしなくも無い

      0170914鷲尾山と三浦杉21


でも林業関係の会社が何件もあるようだから
宿場町っていうよりは林業に従事する人の村って言うのが
正直、正解かもしれない。


鷲子山は何処にあるのか分かりませんが
茨城百景 鷲子山と三浦杉、これにて完結です。




     
関連記事
スポンサーサイト



2017/10/15 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit