07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

び・び・びのびいすけ

廃校を訪ねて..........江川小学校大内分校 (2017年7月20日)(福島県会津郡下郷町) 

7月20日 公休日

7月20日〜21日に福島県の南会津方面に出かけました。

南会津の下郷町には20近くの廃校があります。
題して、下郷町廃校巡り。
その第8弾は...............下郷町立江川小学校大内分校


大内分校の沿革もよく分かりません。
楢原小学校のHPには一部記載されていますが
当初は楢原小学校の分校だったようですが、
やがて江川小学校の分校となったようです。
本校である江川小学校のHPを見ても沿革が記載されていないので
詳しいことは解りません。

楢原小学校のHPを参照すると、

『明治20年 豊成・栄富・戸赤・大内の各校を簡易小学校と改称する。』

との記載がありますので、
明治20年以前に大内小学校として開設されていたようです。




明治20年      豊成・栄富・戸赤・大内の各校を簡易小学校と改称する。
明治35年      近隣の簡易小学校4校(豊成、栄富、戸赤、大内)を合併して
            楢原尋常小学校と総称し、各々を分教室とする。
昭和22年      学制改革により、楢原町立檜原小学校大内分教場となる。
昭和30年      楢原町が旭田村、江川村と合併して下郷町が誕生。
            下郷町立楢原小学校大内分校と改称する。
昭和32年下郷町立江川小学校大内分校となる。
平成17年本校に統合されて廃校ぬなる。

と、このような沿革となっているようです。



実は、この大内分校は下郷町では1番メジャーな観光地である
『大内宿』の一角に在ります。

メインストリートとでも言う日光街道(下野街道)の藁葺き古民家から
ちょっと奥に入った場所に在りました。

      20170720江川小学校大内分校01


今回の廃校巡りで珍しく感じてしまう近代的な校舎。

      20170720江川小学校大内分校02


      20170720江川小学校大内分校03


ここに来るまでに巡ってきた廃校は殆どが古い木造校舎でした。
こちらは、見た感じが軽量鉄骨の校舎のようです。

重要伝統的建造物群保存地区である大内宿。
その宿場町に在った小学校だから、
かなり校舎には期待をしていたんですが
ちょっぴり、ガッカリ感は否めません。

      20170720江川小学校大内分校04



こちらは、プールと体育館。

      20170720江川小学校大内分校05


      20170720江川小学校大内分校06

そういえは、プールを見るのは下郷町の廃校では初めてかも?



校舎前に建つ『創立百周年記念碑』。

      20170720江川小学校大内分校07



校庭は意外に広い。

      20170720江川小学校大内分校08


      20170720江川小学校大内分校09



遊具もそれなりに残っています。

      20170720江川小学校大内分校10


      20170720江川小学校大内分校11


      20170720江川小学校大内分校12



校庭からの大内分校の全景。

      20170720江川小学校大内分校13



江戸時代から続く藁葺き屋根の古民家が
重要伝統的建造物群保存地区として保存されているのに
明治期に創設された小学校が廃校になってしまった。

時代流れと言ってしまえば、それまでだけど
何とも因果な時代のようです...............。







関連記事
スポンサーサイト
2017/08/11 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit