09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

び・び・びのびいすけ

日暮滝 (2017年7月20日)(福島県南会津郡下郷町) 

7月20日 公休日

この日から、個人的な3連休。
その連休に1泊2日で福島県の南会津方面へ出かけました。

大松川分校をあとにして、向かった先は...............日暮滝



日暮滝は、高さ40mと15m二段になって流れている滝です。
その神秘な景観に「日暮れまで眺めていても飽きない」ことから、
この名が名付けられたと言われています。
昔々、会津のお殿様がこの道(松川街道-下郷町大松川~栃木県塩谷郡氏家町)を通った際、
この滝の美しさに見とれ日暮れまで眺めていたと言うことです。


本当は、この日一番最初に立ち寄る予定でしたが
ナビの案内が遠回りな道順を示し、二番目になりました。
しかし、この滝に辿り着くまでが大変でした。
とにかく、対向車と離合するのに苦労する狭い林道を
『これでもか!?』と言うくらいに走り、
『本当に、この道で大丈夫?』と不安になり、
次の転回できる広い場所があったら、諦めてUターンして帰ろうと思っていたら
やっと日暮滝の案内が現れました。

      20170720日暮の滝01


      20170720日暮の滝02


車が5〜6台停められる駐車場もあり
ベンチもあって、滝を眺めることが出来ます。

      20170720日暮の滝03

この位置からだと木々が邪魔をして
滝がイマイチよくわからない。

ちょっとした遊歩道があり、観瀑台もありますが
そちらからは、さらに木々の葉が邪魔をして
滝がよく見えません。



ここからは、自己責任で...............


滝壺の方へ降りて行く遊歩道もありますが
かなり荒れています。

      20170720日暮の滝04



確かに急勾配な階段です。

      20170720日暮の滝05


遊歩道からも滝はよく見えない。

      20170720日暮の滝06

葉の生い茂るこの時期は、上段の滝はハッキリとは見えない。



さらに降って滝壺を目指します。

      20170720日暮の滝07



やがて、滝がその姿を現しました。

      20170720日暮の滝08



ほぼ、滝壺近く。

      20170720日暮の滝09



滝壺周辺の石には苔も生えていて、滑りやすくなっているので
足元には気をつけましょう。

      20170720日暮の滝10


      20170720日暮の滝11



滝壺近くからだと、下段の滝しか観れません。

そして、下段の滝も2段になっているようです。

      20170720日暮の滝18


      20170720日暮の滝12

でも、それなりの迫力。
やはり、下段と言えども15mの落差は見応えあります。



とにかく水量があります。

      20170720日暮の滝13




      20170720日暮の滝14


      20170720日暮の滝15


      20170720日暮の滝16


      20170720日暮の滝17


     

ここぞとばかりに、びいすけ と もっちゃん の2ショット。

      20170720日暮の滝19


      20170720日暮の滝20


苦労して辿り着いた 日暮滝。
一日中眺めている訳にはいかないけれど
しばらく、滝の流れを眺めていたくなる気持ちは解るような気がします。


関連記事
スポンサーサイト
2017/08/01 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit