05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

び・び・びのびいすけ

びいすけとお父さんと時々もっちゃん

ふれあいの小径  《 ひょうたん島池~竹袋稲荷神社 》  (2017年5月19日)(千葉県印西市) 

5月19日  公休日

北総のドッグランで小一時間徘徊した びいすけ 。
まっすぐ家に帰っても、あとは昼寝をするだけ?
どうせ昼寝をするんなら、もうちょっと疲れてもらいましょう。

先日の休みに訪れた ひょうたん島池 の近くに
『山崎池』と言う池があり、そこから『竹袋稲荷神社』まで
『 ふれあいの小径 』なるものがあるらしい。
竹袋稲荷神社はいつも近くを通る度に、雰囲気が良さそうで、
いつかは訪れたいと思っていました。

と言うことで、ひょうたん島池〜山崎池〜竹袋稲荷神社へと
ふれあいの小径を散策してみることにしました。



ひょうたん島池近くの路肩(空き地?)に車を停めて、散策の開始です。

      20170519ふれあいの小径01



まずは、山崎池を目指して...............

元気に闊歩する びいすけ 。

      20170519ふれあいの小径02



この辺りは、印西市でも未開発地域。
いわゆる里山地区。

      20170519ふれあいの小径03



ほどなくして、山崎池に到着。

      20170519ふれあいの小径07


山崎池をぐるっと1周してみようど歩きます。

      20170519ふれあいの小径04


      20170519ふれあいの小径05


しかしながら、池の畔の道はいつしか池から離れ
どうやら、池沿いにぐるっと一回りは出来ないよう



山崎池の向かいの台地の奥が竹袋稲荷神社。

池側の参道入口。
鳥居が歓迎してくれます。

      20170519ふれあいの小径08



この参道が ふれあいの小径。

      20170519ふれあいの小径10



鳥居の先の階段を上がって台地上部へと進みます。

      20170519ふれあいの小径09



元気はつらつ。
快調な びいすけ 。
階段も苦にならないようです。
     
      20170519ふれあいの小径11



階段を上りきった先に、四阿。

      20170519ふれあいの小径12



元気な 日いすけ。
息の上がった飼い主。

      20170519ふれあいの小径13



当然、小休止となります。

      20170519ふれあいの小径14



オヤツの時間にいたしましょう。

      20170519ふれあいの小径15



『 貰えるまで、ひたすら我慢する 』良い子。

      20170519ふれあいの小径16



『 良し! 』の合図で大きな口でパクりんちょ。

      20170519ふれあいの小径17


      20170519ふれあいの小径18




ふれあいの小径 の碑。

      20170519ふれあいの小径19


      20170519ふれあいの小径20

平成24年に建てられたモノのようです。



台地の尾根沿いに ふれあいの小径 は竹袋稲荷神社まで続きます。

      20170519ふれあいの小径21


      20170519ふれあいの小径22


      20170519ふれあいの小径23


しばらく進めば、竹袋稲荷神社に到着。

      20170519ふれあいの小径24



拝殿の神額。

      20170519ふれあいの小径25



国道側からの参道が雰囲気が良いので
一度、国道まで移動します。


こちらが、国道側の参道入口。

社号標。

      20170519ふれあいの小径26



赤い鳥居。

      20170519ふれあいの小径27

iいつも、この鳥居を横目にしながら車を走らせていたんだよなぁ。



鳥居の先は一度、谷に降りるように下り階段。

      20170519ふれあいの小径28



緑が濃くて深い竹袋稲荷神社。

      20170519ふれあいの小径29


谷底の参道。

      20170519ふれあいの小径30

まるで、堀跡のように見えたりする。



境内に至る石段には多くの幟。

      20170519ふれあいの小径31



石段を上がれば境内。

      20170519ふれあいの小径32



正面には稲荷神社の拝殿。

      20170519ふれあいの小径33


この辺りが竹袋村と呼ばれていた頃の村社であった竹袋稲荷神社。

由来と由緒が記された説明版。

      20170519ふれあいの小径34


境内には、『○○講』といった石碑が多い。

こちらは、安産講。

      20170519ふれあいの小径35

安産講って珍しい。


御神木ではないけれど、それなりの伸びた木々。

      20170519ふれあいの小径36




まさに鎮守の森。

      20170519ふれあいの小径37



その真ん中で存在感を示すように鎮座する拝殿。

      20170519ふれあいの小径38



そろそろ車に戻りましょう。

竹袋稲荷神社からは、案内板の示す方角へ。
ひょうたん島池を目指します。

      20170519ふれあいの小径39



古くからある集落の中を通ってひょうたん島池まで戻りましょう。

      20170519ふれあいの小径40


何だかんだと約1時間半の散策。

家に帰ると、速攻で昼寝を始める びいすけ でした..................。





関連記事
スポンサーサイト
2017/05/30 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit