FC2ブログ

12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

また、組織細胞球種? 

びいすけの左耳の付け根にまた腫瘍らしきものが出来てしまいました。

これで三回目。

最初は昨年の8月
ゴマ粒大の大きさのデッパリガあり、日に日に大きくなっていった。

行きつけの病院で診察してもらったら良性の腫瘍で
一ヶ月ほどしたら自然にかさぶたの様に剥がれて治癒すると言われ
その通りになった
獣医からは『おそらく組織細胞球種でしょう』と言われた。


2回目は昨年の11月
やはりゴマ粒大の出来物(腫瘍)が小豆大に大きくなっていった。

行きつけの病院に行って、8月の検体と比較して貰い、
同じものと判り、1ヶ月様子を見て自然に、かさぶたの様に剥がれ落ちのを待って治癒した。
その際、獣医からはびいすけは腫瘍の出来やすい体質なのかもしれないとも言われた。



そして今回............

最初に気づいたのは3月11日。
ちょうど『なんちゃってオフ会』に参加していたとき。
ぬかるみを走り回っていたびいすけの頭や顔を拭きながら撫でていたら
左耳の付け根に違和感が.............
じっくり触診してみると、ゴマ粒大の出来物が.......

その瞬間『また、組織細胞球種か?』

帰ってきて、コンデジで左耳付け根部分を撮影しておいた。

 
      20120212腫瘍? 01


      20120212腫瘍? 02


      20120212腫瘍? 03


      20120212腫瘍? 04
    







約一週間が経ちました。
3月17日の画像がコレ


      20120317腫瘍? 01


      20120317腫瘍? 01




フラッシュ(ストロボ)がない状態での画像


      20120317腫瘍? 03


明らかに大きくなってきています。



行きつけの獣医さんって言うのが実は実家(東京都八王子市)の近く。
おそらく、前回、前々回と同じく『組織細胞球種』だと思うんだけれど
それはあくまでも素人判断。

そんなわけで3月21日の公休日に実家にびいすけを連れて帰ることにしました。
いきつけの獣医さんは21日はお休みなので
いずれにしても時間を作って獣医さんの元へびいすけを連れて行こうと思っています。
 
 
 
 
関連記事
スポンサーサイト



2012/03/19 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: 2edit

コメント

モルツママ さんへ

> こんにちは
> びいすけ君、組織細胞球種(良性腫瘍)ができちゃったんですね。8か月で3回もできるとは心配ですね。
> 腫瘍ができやすい体質ってあるんですね。
> そういえばドッグランでゴールデンレトリバーで首や前足の付根に瘤がある子に会ったことがあります。その子もできやすいと言っていました。


詳しくは判らないのですが
前回の時に行きつけの獣医さんは
『腫瘍の出来やすい体質なのかな?』と言っておりました。


> モルツは腫瘍とは違うけれど、後ろ足の膝関節のハマりが甘くて(形成不足と病院では言われました)、両方とも脱臼しやすいです。(脱臼しても自分で入れてしまいます)
> 生後1年で診断され、それからずっとグルコサミン等を飲んでいます。
> グルコサミンを飲んでいるせいか最近は脱臼してないのですが、走りすぎて後ろ足を引きずりだしたら要注意(退場)。
> 病院からは後ろ足に負担をかけないためにも「太らせないこと」「散歩をたくさんして筋肉を衰えさせないこと」と言われています。



モルツくんも脱臼癖が有るんですね。
知りませんでした。
ランでお会いしたら、私も注意して見守っておきますね

とにかく、太らせないこと
これはどんな犬にも言える事だと思います
互い気をつけましょう。


> 腫瘍ができにくくする方法(食べ物や体質改善)とか何かあるといいですね。
> ラン友達やお散歩友達とかに聞いてみますね。

そうですね。
出来れば、部位を削除なんてことは避けたい物です。
何はともかく、いい方法があればいいと思っています。
もし、何か判れば(情報があれば)教えてください

よろしくお願いいたします。

 

びいすけ父さん #- | URL | 2012/03/20 05:34 * edit *

こんにちは
びいすけ君、組織細胞球種(良性腫瘍)ができちゃったんですね。8か月で3回もできるとは心配ですね。
腫瘍ができやすい体質ってあるんですね。
そういえばドッグランでゴールデンレトリバーで首や前足の付根に瘤がある子に会ったことがあります。その子もできやすいと言っていました。

モルツは腫瘍とは違うけれど、後ろ足の膝関節のハマりが甘くて(形成不足と病院では言われました)、両方とも脱臼しやすいです。(脱臼しても自分で入れてしまいます)
生後1年で診断され、それからずっとグルコサミン等を飲んでいます。
グルコサミンを飲んでいるせいか最近は脱臼してないのですが、走りすぎて後ろ足を引きずりだしたら要注意(退場)。
病院からは後ろ足に負担をかけないためにも「太らせないこと」「散歩をたくさんして筋肉を衰えさせないこと」と言われています。

腫瘍ができにくくする方法(食べ物や体質改善)とか何かあるといいですね。
ラン友達やお散歩友達とかに聞いてみますね。

モルツママ #9xsPF1TE | URL | 2012/03/19 14:45 * edit *

コメントの投稿
Secret