04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

び・び・びのびいすけ

びいすけとお父さんと時々もっちゃん

廃校を訪ねて...........小文間小学校  (2017年1月31日)(茨城県取手市)  

1月31日 公休日

この日は、茨城県取手市の廃校巡りに出かけました。


高須小学校をあとにして、向かった先は...............取手市立小文間小学校



小文間小学校の詳しい沿革は不明です
しかしながら、明治6年に小文間村戸田井の西光院に創立された
取手市の中では歴史のあった小学校の一つです。

明治37年現在地に移転。この頃に小文間村立尋常小学校と改称します。
昭和22年学制改革により、小文間村立小文間小学校と改称する。
昭和30年小文間村が取手町に合併し、取手町立小文間小学校と改称する。
昭和45年取手町が市制施行。取手市立小文間小学校と改称する。
平成27年 吉田小学校、井野小学校、小文間小学校が統合して取手東小学校が発足。(敷地は吉田小学校を流用)
小文間小学校は廃校となる。

と、このような沿革のようです。


こちらが、小文間小学校の校門。

      20170131小文間小学校01

かつての正門のようですが、石造りの古い門柱。
ちなみに、廃校時までの正門は別な場所にあります。



門柱には、『取手市立小文間小学校』と刻まれた表札か嵌め込まれています。

      20170131小文間小学校02


      20170131小文間小学校03



校門の脇には『頌徳碑』。

      20170131小文間小学校05

中村熊次郎と言う人が小文間小学校の移転の際に畑を寄付してくれて
この場所に小文間小学校が建てることが出来たらしい。
熊次郎氏は、後に小文間村の村長にもなられた方らしい。


こちらが正門。

      20170131小文間小学校04



正門から敷地内に入ると、すぐ目に入ってくる二ノ宮像。

      20170131小文間小学校06


      20170131小文間小学校07


      20170131小文間小学校08



そして、二ノ宮像の脇には『友愛』の碑。

      20170131小文間小学校09



少し離れた場所には、別な石碑。
廃校記念の碑かと思ったら、小文間小学校の校歌の碑でした。

      20170131小文間小学校10



こちらが校舎。

      20170131小文間小学校11

小文間小学校には、旧・校舎と新・校舎が在って
こちらは新・校舎。鉄筋3階建。
ちなみに、旧・校舎は平屋建。


こちらは体育館。

      20170131小文間小学校12



体育館と校舎の背面。

      20170131小文間小学校13


正門脇には、避難場所の案内板。
『旧小文間小』と明記されています。

      20170131小文間小学校14



中庭にあるオブジェ。
おそらく、こどもたちの卒業製作の一つでしょう。

      20170131小文間小学校15


旧・校舎の壁面。

      20170131小文間小学校16

昭和43年度卒業生の製作品。


こちらも旧・校舎の壁面。

      20170131小文間小学校17

タイルを使って描かれています。



中庭にあった朝礼台。

      20170131小文間小学校18

おそらく、校庭から移動されたんでしょう。


校庭脇の百葉箱。

      20170131小文間小学校19



こちらが校庭。

      20170131小文間小学校20


別アングルから。

      20170131小文間小学校21



平屋建ての旧・校舎とシンボルツリー。
そして、国旗掲揚ポール。

      20170131小文間小学校22



校庭に残る遊具類。

      20170131小文間小学校23


      20170131小文間小学校24


      20170131小文間小学校25



校庭の片隅にそっと置かれた防災倉庫。

      20170131小文間小学校26

廃校の定番となっています。



取手市の学校統廃合の案が出た時に、
小文間小学校の学区の方はかなりもう反対して
陳情書も提出した(?)らしいが、結局は時代の流れ、
少子化の波には勝てず、統合という形で廃校の道を歩んだ小文間小学校。

歴史のある小学校だったのに、ちょっぴり残念です。






関連記事
スポンサーサイト
2017/02/24 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit