02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 03

び・び・びのびいすけ

びいすけとお父さんと時々もっちゃん

心の駅 外房七福神②  《 東漸寺 布袋尊 》  (2017年1月21日)(千葉県長生郡一宮町) 

1月21日 公休日

毎年、1月のこの時期に集中的にしている七福神巡り。

今回は、房総半島のいすみ市、一宮町に点在する
『心の駅 外房七福神』巡りにチャレンジです。


心の駅 外房七福神は

寿老人     観明寺    一宮町
布袋尊    東漸寺    一宮町
恵比寿    遍照寺     一宮町
大黒天    法興寺    いすみ市
毘沙門天   行元寺    いすみ市
弁財天    三光寺    いすみ市
福禄寿     西善寺    いすみ市

と、このような構成になっています。



そんな『心の駅 外房七福神』巡りの第2弾。
東漸寺の布袋尊です。


東漸寺は曹洞宗の古刹です。本尊は不動明王(秘仏)です。
開山は慶長17年(1612年)7月、光室恵珍によってなされました。
慶安2年(1649年)には将軍家光により寺領18石の寄進を受け御朱印寺となりました。
寺で所有する駕籠は旧一宮藩主加納久徴が、
徳川家(14代将軍家茂)に降臨された孝明天皇の妹にあたる皇女和宮より
拝領の駕籠であるとして、一宮町の文化財に指定されています。

布袋尊は、笑門来福、夫婦円満、子授けの神様として信仰されています。
中国出身の禅僧で、唯一実在した人物と言うことです。
その容姿から知恵を授け、福徳と円満な暮らしを与えてくると言われています。


こちらが東漸寺の参道入口。
寺号標の前にて。

      20170121東漸寺 布袋尊01



山門前。

      20170121東漸寺 布袋尊02



山門から眺める東漸寺の全景。

      20170121東漸寺 布袋尊03

本堂背後には台地が広がります。


こちらが本堂。

      20170121東漸寺 布袋尊04


      20170121東漸寺 布袋尊05



扁額は扉の奥。
扁額を写真に収めるため、ちょっとだけ扉を開けてもらいました。

      20170121東漸寺 布袋尊06



別アングルからの本堂。

      20170121東漸寺 布袋尊07


本堂裏には墓地があり、さらにその奥は台地が広がり
何となく城址っぽく見えてしまう。

      20170121東漸寺 布袋尊08

最近、城址巡りをしていない反動だろうか...............?(笑)




本堂の庇(?)に飾られた龍の彫物。

      20170121東漸寺 布袋尊11


こちらは本堂の鬼瓦。

      20170121東漸寺 布袋尊12




さてさて、お目当の七福神はと言えば...............


本堂前に、どぉ〜んと鎮座していました。


心の駅 外房七福神の布袋尊です。

      20170121東漸寺 布袋尊09


      20170121東漸寺 布袋尊10



こちらは閻魔堂。

      20170121東漸寺 布袋尊13

閻魔堂は東漸寺で最も古い建造物らしい。



門前の枝垂れ桜。

      20170121東漸寺 布袋尊14

春にはきっと綺麗な花を咲かすことでしょう。



とりあえず、これで『心の駅 外房七福神』の布袋尊を
制覇です。






関連記事
スポンサーサイト
2017/02/07 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit