06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

び・び・びのびいすけ

心の駅 外房七福神①  《 観明寺 寿老人 》  (2017年1月21日)(千葉県長生郡一宮町) 

1月21日 公休日

毎年、1月のこの時期に集中的にしている七福神巡り。

今回は、房総半島のいすみ市、一宮町に点在する
『心の駅 外房七福神』巡りにチャレンジです。


心の駅 外房七福神は

寿老人     観明寺    一宮町
布袋尊    東漸寺    一宮町
恵比寿    遍照寺     一宮町
大黒天    法興寺    いすみ市
毘沙門天   行元寺    いすみ市
弁財天    三光寺    いすみ市
福禄寿     西善寺    いすみ市

と、このような構成になっています。



そんな『心の駅 外房七福神』巡りの第1弾。
観明寺の寿老人です。

観明寺は天台宗派に属する古刹です。
天平6年(734年)僧行基の開基、慈覚大師の中興と伝えられています。
江戸時代には朱印十二石がありました。
本尊は十一面観音で、寺伝の文書によると海上より出現した伝えられています。

そして、七福神の寿老人とは
中国出身の神で、不老不死の霊薬を所持しているといわれています。
人々の健康と長寿の神様として、広く崇敬されています。


観明寺は『心の駅 外房七福神』ね一つでもありますが
『九十九里七福神』の一つでもあります。
実は、以前に九十九里七福神巡りをした時に、この観明寺にも訪れているので
こちらに来るのは、これで2回目になります。


背後に見えるのが観明寺。

実はこの場所も観明寺に所縁のある場所。

      20170121観明寺 寿老人01



路地の傍に建つ小さな碑。

      20170121観明寺 寿老人02

観明寺四脚門跡の碑です。


路地に残る四角い穴跡が四脚門の跡だろうか?

      20170121観明寺 寿老人03



こちらが、現在の観明寺の山門(四脚門)。

      20170121観明寺 寿老人04


      20170121観明寺 寿老人05


扁額の代わりに看板。

      20170121観明寺 寿老人06



こちらが、本殿。

      20170121観明寺 寿老人07


      20170121観明寺 寿老人08


      20170121観明寺 寿老人10



本殿に掲げられた扁額。

      20170121観明寺 寿老人09


      
本殿脇にお目当の七福神が鎮座しています。

      20170121観明寺 寿老人11



心の駅 外房七福神の寿老人です。

      20170121観明寺 寿老人12


      20170121観明寺 寿老人13



ちなみに、こちらが『九十九里七福神』の福禄寿。

      20170121観明寺 寿老人14

違う七福神の神を祀っているところが面白い。



こちらが鐘楼。

      20170121観明寺 寿老人15



鐘楼の奥には、台地へと上がっていく道。

      20170121観明寺 寿老人16

竹に覆われた台地の奥は、何となく城址っぽく見える。
ひょっとしたら?...............と興味が湧くけれど、今日は七福神巡りがメイン。
今度、城址か否か? じっくり調べましょう。



境内に建つ碑。

句碑かと思ったら違っていた。
住職さんの有難い言葉なのだろうか?

『鳥は飛ばねばならぬ 人は生きねばならぬ』

      20170121観明寺 寿老人17


こちらには『念ずれば 花ひらく』

      20170121観明寺 寿老人18

確かに言い言葉です。



こちらは経堂。

      20170121観明寺 寿老人19

釈迦石像を安置し、一切経が奉安されていたそうです。


こちらは、金毘羅堂。

      20170121観明寺 寿老人20

金毘羅堂は金毘羅大将を祀っていて、元々は安養寺にあったそうです。
明治二年に現在の地に移し、明治十二年にお堂を建立したそうです。


以前訪れたことがあるから、新鮮味には欠けるけど
心の駅 外房七福神のスタートだから致し方ない。

とりあえず、『心の駅 外房七福神』の寿老人、これにて制覇です。




関連記事
スポンサーサイト
2017/02/06 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit