10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

び・び・びのびいすけ

手作りに挑戦     リード編   (2016年12月23日) 

12月23日  公休日

12月23日、24日と個人的な連休。
しかしながら、世の中は23日〜25日までのクリスマスの3連休。
こんな時に遠出をしても混んでて、渋滞にハマるだろうし、
ましてや、世の中ぎクリスマスで浮かれている時期だから、
人混みは鬱陶しい。
こんな時は大人しく家に居るのが無難かな?

そんな思いもあって、朝からリード作りに励んでみました。

先ずは、工具と材料の確認。

      20161223リード作り01


今回は10mm幅のヌメ革のテープを使ってカフェリードを作りましょう。

      20161223リード作り02



カフェリードだから、そんなに長くは必要ない。
仕上がりを50cmぐらい。
持ち手を20cmくらい折り返し、
ナスカンの固定に5cm程度折り返し、
合計75cm程度でカットします。

      20161223リード作り03


幅10mmの鉄砲ナスカンの手持ちはコレしかない。

      20161223リード作り04

ちょっと小さいかな?
でも自分で使うリードだから、細かい事は気にしない。
あっ、リードに使うナスカンって『鉄砲ナスカン』って言うんだって。
知ってました?




それでは、リード作りに取り掛かります。

先ずは、革テープの裏面処理。
いわゆるコバ処理です。

トコノールを使って裏面と側面のケバ立った箇所を磨きます。

      20161223リード作り05


コバ処理完了。

      20161223リード作り06

トコノールが完全に乾くまで小一時間。
タバコでも吸って時の流れを楽しみましょう。



トコノールが乾いたら、鉄砲ナスカンの取り付けです。

鉄砲ナスカンの輪に革テープを通し、位置を決めます。
位置がズレないようにテープで仮固定します。
あとでテープを剥がした時にベタベタしないように
建築資材の養生テープを使います。

位置を決めたら、穴開けペンチでカシメ穴を開けます。

      20161223リード作り07


革が厚いのか?
ペンチがヘタってきたのか?
はたまた、技術の未熟さなのか?

重ねて開けると位置がズレるので、
1つずつ位置を合わせながら開けていきます。

      20161223リード作り08


穴開けが済んだらカシメ作業です。

使用するカシメは、両面カシメ(大)長足です。

      20161223リード作り09

躊躇せず、思い切り叩き込みます。


もう1ヶ所も同じように思い切り叩いてカシメます。

      20161223リード作り10


続いて持ち手。

同じように位置を決めたらテープで仮固定し、
穴開けペンチで穴を開けます。

      20161223リード作り11



持ち手部も2ヶ所のカシメにします。

やっぱり、躊躇せずに思い切り叩き混みます(笑)。

      20161223リード作り12


もう1ヶ所も、カシメます。

      20161223リード作り13


これで一応完成。

      20161223リード作り14


      20161223リード作り15

本当は、飾りカシメでアクセントを付けようかと思ったのですが
革幅が10mmだと飾りカシメが幅からはみ出てしまい
見た目もおかしくなってしまいます。

と、言う事で カフェリード
革幅10mm、長さ50cm(おおよそ)仕様。
これにて完成です。


ヌメ革だから、使い込んだらいい色合いになって味が出るんだろうなぁ。
って言うことは、『ドッグカフェに通え!』って言うことになるのかな?


関連記事
スポンサーサイト
2017/01/08 Sun. 16:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit