06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

び・び・びのびいすけ

旧・碓氷峠見晴台 (2016年12月6日)(長野県北佐久郡軽井沢町) 

12月6日 公休日

12月6日、7日の個人的な連休を利用して、軽井沢方面へ出かけました。

熊野皇大神社をあとにして向かった先は...............旧・碓氷峠見晴台

熊野皇大神社から、歩いて100mぐらいにある見晴台。
熊野皇大神社の駐車場にそのまま車を停めて、歩いての移動です。

旧中山道碓氷峠の頂上南側に位置する碓氷峠見晴台は、
長野と群馬の両県にまたがる展望公園です。
軽井沢開発の功労者・近藤友右衛門が独力で開発。
昭和32年、軽井沢町に見晴台を寄贈するとともに旧軽井沢からの遊歩道も開発しました。
標高約1200mにつくられた展望場所からは雄大にそびえる浅間山をはじめ、
眼下に広がる関東平野などを見渡すことができます。
眺望の良さから、戦国時代には狼煙台を設けた場所ともいわれています。



この石碑がある場所が碓氷峠見晴台の入口。

      20161206碓氷峠見晴台01

熊野皇大神社の鳥居から100mぐらいの場所。


さらに50mほど中に入ると、見晴台の通用門(?)

      20161206碓氷峠見晴台02


実は、この見晴台は、太平記に記載されている足利氏と新田氏の古戦場でした。
この広い古戦場跡を名古屋の豪商、近藤友右衛門が大正5年に整備して公園としたものです。


敷地内に入って目に入った看板。

      20161206碓氷峠見晴台03

ここにも熊は出没するみたいです。


古戦場跡と言うことで、何やら城址っぽい雰囲気もあったりします。

      20161206碓氷峠見晴台04



その名の通り、見晴台案内看板。

      20161206碓氷峠見晴台05



見晴台頂部は広い削平地。

      20161206碓氷峠見晴台06



碓氷峠の頂部でもあるから見晴らしは良い。

      20161206碓氷峠見晴台07



見晴台って言うんだから、見晴らしが良いのは当たり前。

      20161206碓氷峠見晴台08


方向音痴ではありますが...............

おそらく、安中(群馬県)方面。


      20161206碓氷峠見晴台09


      20161206碓氷峠見晴台14




おそらく、佐久方面(長野県)

      20161206碓氷峠見晴台10


      20161206碓氷峠見晴台11


      20161206碓氷峠見晴台12


      20161206碓氷峠見晴台13




そして、浅間山。

      20161206碓氷峠見晴台15


      20161206碓氷峠見晴台16




この見晴台も長野県と群馬県の県境地。

      20161206碓氷峠見晴台17

昔流に言えば、信濃と上州の国境。



群馬県の びいすけ 。

      20161206碓氷峠見晴台18

長野県の びいすけ も写真に撮った気でいたら
すっかり忘れてしまっていました。


暮石のように見えなくもないが暮石ではない。
この土地の寄進者、近藤氏の標柱。

      20161206碓氷峠見晴台19


そして、近藤翁頌徳碑。

      20161206碓氷峠見晴台20

何しろ、大正5年にこの辺りの旧軽井沢から碓氷峠に至る22万坪を買い、
峠の頂上に見晴台を作り、訪れる人に無料で開放したそうです。

近藤さんって名前からして、エラい!(笑)



近藤さんだけかと思ったら、
この地では、もう一人偉人が讃えられています。

インドの詩聖タゴール(ラビンドラナート・タゴール)です。

      20161206碓氷峠見晴台21


タゴールは1916年(大正5年)に初来日しました。
タゴールは、日本女子大学創設者成瀬仁蔵 (1858-1919)の招きで、
日本女子大学成瀬講堂において『ギーターンジャリ』の朗読と講演をし、
その後、軽井沢にある夏季修養のための日本女子大学三泉寮に約一週間滞在し、
学生たちに心をこめて瞑想の指導をしたそうです。



タゴールの胸像

      20161206碓氷峠見晴台22

ノーベル文学賞を受賞したインドの詩聖タゴールの生誕120年を記念して建立されたそうです。


う〜む、
個人的には、タゴールより、やっぱり近藤さんだなぁ...............。


関連記事
スポンサーサイト
2016/12/31 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit