10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

び・び・びのびいすけ

関宿城址  (2016年11月20日)(千葉県野田市) 

11月20日 公休日

この日は、埼玉県の春日部市に用事があったので
春日部市周辺に出かけました。

野田市にある旧・関宿小学校の近くに城址がある事は知っていましたが
旧・関宿小学校の前にこんな案内板がありました。

      20161120関宿城址 縄張り図02

800mって完全な徒歩圏内。
10分も歩けば行ける距離。
こんなに近いんじゃ行かない理由がない。

と言うことで、向かった先は...............関宿城址


関宿城は、室町時代に簗田満助または簗田成助によって築かれたとされ、
関宿簗田家の居城になったと伝わっています。
江戸時代には関宿藩の藩庁が置かれ、江戸川をさえぎるような縄張りを持っていました。
利根川水系等の要地であり、関東の水運を押さえる拠点でありました。

戦国時代には関東の中心部における最重要拠点であり、
関東の制圧を目論む北条氏康は、
「この地を抑えるという事は、一国を獲得する事と同じである」
と評したとされています。

戦国時代末期には、北条方と上杉方の間で激しい争奪戦が繰り広げられ(関宿合戦)、
北条氏康・氏政・氏照父子が、上杉謙信・佐竹義重の援助を受けた簗田晴助の守る関宿城を3度に渡り攻撃し、
最終的には北条氏がこれを制し、北関東進出の拠点としました。

小田原北条氏のファンである身としましては、いつかは訪れたい城址の一つでありました。



こちらが関宿城の縄張り図( 現地説明板板より )

      20161120関宿城址 縄張り図

確かに、利根川の流れを上手く利用した縄張りとなっていたようです。



この辺りが武家屋敷跡。

      20161120関宿城址02

関宿藩の家臣たちが居を構えていたのでしょう。


      20111206関宿城址03



こちらが三郭。

      20161120関宿城址04


      20161120関宿城址05

この辺りは牛舎が多く、牛舎独特の匂いが鼻先に漂ってきます。



三郭に土塁。

      20161120関宿城址06

右側は堀跡のようです。


三郭から二郭に至る動線には横矢が掛かっています。

      20161120関宿城址07


こちらが二郭。

      20161120関宿城址08

この辺りにも牛舎が多い。

びいすけ の背後の水田は、かつての堀跡。
さらに奥の森のある台地が主郭にあたります。


主郭に向かいましょう。

      20161120関宿城址09



主郭前には石碑が見えます。

      20161120関宿城址10



関宿城址の碑。

      20161120関宿城址11


      20161120関宿城址12



千葉県下ではお馴染みの『房総の魅力500選』の碑。

      20161120関宿城址13



そして、説明板。

      20161120関宿城址15


      20161120関宿城址16




こちらが主郭。

      20161120関宿城址14

意外に広い。
    


びいすけ の背後に見えるのは天守閣?     

      20161120関宿城址17


      20161120関宿城址18


実は、コレは模擬天守閣。

      20161120関宿城址19

その実態は平成7年に建てられた千葉県立関宿城博物館。
そして、本来は主郭(本丸)にあるはずの天守閣(模擬天守閣)が
何故か?主郭とは、かけ離れた場所に建っています。


主郭の城塁。

      20161120関宿城址20

堀跡がハッキリと確認出来ます。


別アングルから。

      20161120関宿城址21

城塁に横矢が掛かっているのが分かります。



主郭から堀(跡)越しに眺める二郭。

      20161120関宿城址22

主郭と二郭を隔てる堀が大きかったのが分かります。




こちらは、大手門跡。

      20161120関宿城址23


      20161120関宿城址24


かすかに残っている堀跡が確認出来ます。

      20161120関宿城址25



そして、こちらが関宿関所跡。

      20161120関宿城址26


利根川の要地であり、上州や常陸からの陸路を抑える拠点であった事が窺えます。

      20161120関宿城址27

関宿城址は堀も埋められ、宅地や耕地と化し
かなり改変されていますが、それでも主郭周辺はまだまだ見応えがあります。
広大な城域ではありますが、かなり急ぎ足で巡ったため
見逃した箇所もあったりします。

しかしながら、小田原北条氏(北条氏康)が
この地を羨望した理由が、利根川の地形を生かした広大な城域を見て
何となくわかるような気がします...............。


関連記事
スポンサーサイト
2016/12/15 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit