10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

び・び・びのびいすけ

養老八景 《 弘文洞跡 》(2016年11月16日)(千葉県夷隅郡大多喜町) 

11月16日 公休日

この日は、房総半島の養老渓谷へ出かけました。

養老渓谷には養老渓谷温泉旅館組合が制定した
養老警告八景なるモノがあります。..
養老川の渓谷周辺の8つの景勝地。
その内訳は
   梅ヶ瀬渓谷       (訪問した記事は  こちら  )
   観音橋・出世観音
   弘文洞跡
   懸崖鏡          (訪問した記事は  こちら  )
   筒森もみじ谷      (訪問した記事は  こちら  )
   水月寺          (訪問した記事は こちら   ) 
   粟又の滝(養老の滝) (訪問した記事は  こちら  )
   金神の滝        (訪問した記事は  こちら  )  となっています。




養老八景


八景巡りが好きな者としては、養老八景も外せません。

と言うことで、懸崖鏡をあとにして向かった先は...............養老八景 弘文洞跡


駐車場に苦労するかと思っていたら、
弘文洞跡の上流側の道沿いの空き地に
他府県ナンバーの車が3台ほど停まっていた。
無料駐車場? と思い、しっかり停めさせてもらいました。


こちらが弘文洞跡の入口。
中瀬遊歩道の上流側の入口でもあります。

      20161116養老渓谷八景 弘文洞跡01

どうやら弘文洞跡は、中瀬遊歩道の途中にあるようです。

      20161116養老渓谷八景 弘文洞跡02


ロングリードを装着した びいすけ 。
中瀬遊歩道をスタスタと歩いて行きます。

      20161116養老渓谷八景 弘文洞跡04



時折、気になる匂いがあると、必要以上にチェック。

      20161116養老渓谷八景 弘文洞跡03


      
遊歩道で養老渓谷をバックに一枚、パチリ☆

      20161116養老渓谷八景 弘文洞跡05



やがて遊歩道は、対岸へと移るため
コンクリートの飛び石を渡って対岸に向かいます。

      20161116養老渓谷八景 弘文洞跡06



おっかなびっくりで飛び石を渡った びいすけ 。
再び、遊歩道になったら、軽快に闊歩します。

      20161116養老渓谷八景 弘文洞跡07



しばらくすると、木々の間から見える対岸に
思わず、『お〜っ!』の心の中の歓声。

こちらが、弘文洞跡。

      20161116養老渓谷八景 弘文洞跡08


弘文洞は、今からおよそ140年前に耕地を開拓するため、
養老川の支流である蕪来川を川まわしして造ったトンネルでした。
弘文帝と十市姫にゆかりの深い高塚や筒森神社の傍を流れ、
本流である養老川にそそぐ合流点にあることから「弘文洞」と命名され、
景勝地、釣り場の代表として世に紹介されました。
昭和54年(1979)5月24日未明、頭頂部が崩壊し、
現在の姿となっています。


確かに峡谷のように見えるが...............

      20161116養老渓谷八景 弘文洞跡09

これが上総地方独特の川まわしで、トンネルだったとは...............。
トンネル頂部が残っていたら、もっと見応えがあったんだろうなぁ。


弘文洞跡をバックに一枚、パチリ☆

      20161116養老渓谷八景 弘文洞跡10


弘文洞跡の説明板。

      20161116養老渓谷八景 弘文洞跡11


弘文洞跡の周りの木々が色付いていれば
もっと見応えはあるんだろうなぁ。

      20161116養老渓谷八景 弘文洞跡12



せっかくだから、中瀬遊歩道をさらに歩いてみましょう。

      20161116養老渓谷八景 弘文洞跡13

養老川の流れに合わせるように中瀬遊歩道を下って行きます。


再び、コンクリートの飛び石。

      20161116養老渓谷八景 弘文洞跡14


やっぱり、おっかなびっくりな びいすけ 。

      20161116養老渓谷八景 弘文洞跡15


さらに遊歩道は渓谷沿いに続いています。

      20161116養老渓谷八景 弘文洞跡16



四阿発見!

      20161116養老渓谷八景 弘文洞跡20

イチョウの落ち葉の黄色い絨毯。
四阿の屋根も黄色に染まっています。

少し休憩いたしましょう。

頑張って歩いている びいすけ にオヤツのご褒美。

      20161116養老渓谷八景 弘文洞跡17


      20161116養老渓谷八景 弘文洞跡18


      20161116養老渓谷八景 弘文洞跡19

セブンイレブンで売っている ささみチップ が大好物。
カリッ、カリッと小気味良い音を立てて食べています。



再び、コンクリートの飛び石。
中瀬遊歩道で3ヶ所目。

      20161116養老渓谷八景 弘文洞跡21


尻尾が下がり気味な びいすけ 。

      20161116養老渓谷八景 弘文洞跡23

不安そうにこちらを見つめています。


しかし、流石に中瀬遊歩道の3つ目の飛び石ともなると
要領を得たのか? テンポ良く渡って行きます。

      20161116養老渓谷八景 弘文洞跡23



この辺りまで来ると、中瀬遊歩道もそろそろ終わり。

      20161116養老渓谷八景 弘文洞跡24


びいすけ のバックの崖の上には、出世観音。

      20161116養老渓谷八景 弘文洞跡25



養老渓谷のライトアップは11月20日から行われるようです。

      20161116養老渓谷八景 弘文洞跡26

でも、このステ看板おかしくない?
ライトアップが11月20日から11月10日までって?

一応、12月って手直ししているみたいだけど...............
やっぱり12月には見えないよ(笑)


ポスターによれば、養老渓谷の 紅葉まつり は11月23日。

      20161116養老渓谷八景 弘文洞跡27

筒森もみじ谷のおじさんが言っていたように
11月23日過ぎ、ざっくり言えば11月下旬が見頃なんだねぇ。


中瀬遊歩道もざっくり歩ききったけど
車はスタート地点に置いてある。

と言う事は、再び中瀬遊歩道を歩いて戻らなきゃ。こちら側をゴール側とするならば、
ゴール側には、『観音橋・出世観音』がある。
そちらについては、また明日にでも触れることして...............

ちょっぴり大変だけど、中瀬遊歩道を養老川上流に向けて再び歩きます。


休憩した四阿近く。

      20161116養老渓谷八景 弘文洞跡28

黄色い落ち葉の絨毯の遊歩道。


紅葉には1週間から10日早い養老渓谷。

      20161116養老渓谷八景 弘文洞跡29


      20161116養老渓谷八景 弘文洞跡30


そして、コンクリートの飛び石。

      20161116養老渓谷八景 弘文洞跡31

流石に何度も渡れば慣れて来るから
こちらを見る余裕もあったりする びいすけ 。
でも、尻尾は下がっているんですけど...............(笑)



関連記事
スポンサーサイト
2016/12/12 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit