08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

び・び・びのびいすけ

養老八景 《 懸崖鏡 》  (2016年11月16日)(千葉県夷隅郡大多喜町) 

11月16日 公休日

この日は、房総半島の養老渓谷へ出かけました。

養老渓谷には養老渓谷温泉旅館組合が制定した
養老警告八景なるモノがあります。..
養老川の渓谷周辺の8つの景勝地。
その内訳は
   梅ヶ瀬渓谷       (訪問した記事は  こちら  )
   観音橋・出世観音
   弘文洞跡
   懸崖鏡
   筒森もみじ谷      (訪問した記事は  こちら  )
   水月寺          (訪問した記事は こちら   ) 
   粟又の滝(養老の滝) (訪問した記事は  こちら  )
   金神の滝        (訪問した記事は  こちら  )  となっています。




養老八景

八景巡りの好きな私としては、養老八景も是非攻略したい。

と言うことで、筒森もみじ谷をあとにして、
向かった先は...............養老八景 懸崖鏡


懸崖鏡は、養老渓谷を代表する紅葉名所です。
この付近の渓谷は下流に向かって、右岸が切り立ち、
左岸は平坦になっており、断層がよくわかる場所とのことです。
その切り立った崖の白い地肌と色付いた紅葉のコントラストが
養老渓谷を代表する紅葉の名所とされているようです。
毎年、11月中旬から12月上旬まで17時から21時30分の時間帯にライトアップされるそうです。


懸崖鏡はR465の老川十字路交差点の近く。
養老川に架かる赤い橋の上から眺めることが出来ます。
多くの人は赤い橋から眺めるだけで終わってしまいますが、
実は、橋の隣にある 養老渓谷温泉の旅館・福水の駐車場奥から
養老川に降りられる道があり、懸崖鏡の近くへ行くことが出来ます。


こちらが、 福水 の駐車場。
ここから養老川へ降りる石段があります。

      20161116養老渓谷八景 懸崖鏡01


国道の赤い橋は目の前。

      20161116養老渓谷八景 懸崖鏡02


川沿いのモミジもちょっぴり色付いています。

      20161116養老渓谷八景 懸崖鏡04



川岸に降りると、目の前には 懸崖鏡 。

      20161116養老渓谷八景 懸崖鏡03


      
確かに、白い地肌の断層がはっきり確認出来ます。

      20161116養老渓谷八景 懸崖鏡05


      20161116養老渓谷八景 懸崖鏡06



断層上部には艶やかなモミジ。

      20161116養老渓谷八景 懸崖鏡07



ズームアップ。

      20161116養老渓谷八景 懸崖鏡08



渓谷沿いは遊歩道っぽくなっているので散策してみます。

      20161116養老渓谷八景 懸崖鏡13


      20161116養老渓谷八景 懸崖鏡09



渓流の流れは穏やか。
水面は鏡のように周りを写しています。

      20161116養老渓谷八景 懸崖鏡10

鏡に映る崖だから、懸崖鏡 と言うのだろうか?


しばらく行くと行き止まり。
って言うか、 福水 の敷地に入ってしまうので引き返します。


じっくりと眺めながら戻りましょう。

      20161116養老渓谷八景 懸崖鏡11


      20161116養老渓谷八景 懸崖鏡12


     
せっかくだから、国道沿いの赤い橋からも眺めてみましょう。

      20161116養老渓谷八景 懸崖鏡14


      20161116養老渓谷八景 懸崖鏡15


紅葉の見頃には1週間以上早かったけれど
ライトアップされる紅葉の時期には、きっとこの場所からも
鮮やかな紅いモミジを堪能できることでしょう。





関連記事
スポンサーサイト
2016/12/11 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit