10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

び・び・びのびいすけ

養老八景 《 水月寺 》(2016年11月16日)(千葉県夷隅郡大多喜町) 

11月16日 公休日

この日は、房総半島の養老渓谷へ出かけました。

養老渓谷には養老渓谷温泉旅館組合が制定した
養老渓谷八景なるモノがあります。..
養老川の渓谷周辺の8つの景勝地。
その内訳は
   梅ヶ瀬渓谷       (訪問した記事は  こちら  )
   観音橋・出世観音
   弘文洞跡
   懸崖鏡
   筒森もみじ谷
   水月寺
   粟又の滝(養老の滝) (訪問した記事は  こちら  )
   金神の滝        (訪問した記事は  こちら  )  となっています。

養老八景

養老八景巡りと称して、この日は養老八景を廻ります。

粟又の滝をあとにして、向かった先は...............養老八景 水月寺




水月寺は、至徳1年(1384)に建立された禅宗の古刹です。
境内には藁葺屋根の鐘突き堂が建っています。
何より、この水月寺は3月下旬~4月下旬まで咲く岩ツツジの花が有名です。
60年~100年くらい前に、住職が種から育てたもので、
約500本が植えられています。
水月寺のある小沢又地区では、岩ツツジを栽培している農家も多く、
岩ツツジを求めて訪れる人も多いようです。



こちらが水月寺の山門前。

      20161116養老渓谷八景 水月寺01



寺号標。

      20161116養老渓谷八景 水月寺02



こちらが、山門。

      20161116養老渓谷八景 水月寺03


      20161116養老渓谷八景 水月寺06



山門に掲げられた扁額。
『補陀落山』とは、珍しい山号です。

      20161116養老渓谷八景 水月寺04


こちらが鐘楼。

      20161116養老渓谷八景 水月寺05

藁葺屋根の鐘突き堂です。


そして、本堂。

      20161116養老渓谷八景 水月寺07



本堂の扁額。

      20161116養老渓谷八景 水月寺08



この水月寺の見処は岩ツツジの花ですが、
残念ながら、岩ツツジの花の時期ではありません。



境内の水月三観音。

      20161116養老渓谷八景 水月寺09



永楽観音。

      20161116養老渓谷八景 水月寺10


水月観音。

      20161116養老渓谷八景 水月寺11


榮壽観音

      20161116養老渓谷八景 水月寺12


寺号標ではないけれど、水月寺の銘が記された何かの碑。

      20161116養老渓谷八景 水月寺13


実は、水月寺の境内で探していたモノがあったんですが
それは見当たらないし、その跡形もありそうもない。
ひょっとしたら記憶違いかもしれないし...............

水月寺には誰も居なかったから、話も聞けませんでした。

岩ツツジの時期を逃したら、養老八景と言えども
見所は...............う〜む、微妙だなぁ(笑)。


関連記事
スポンサーサイト
2016/12/09 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit