06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

び・び・びのびいすけ

養老八景 《 金神の滝 》  (2016年11月16日)(千葉県大多喜町) 

11月16日 公休日

この日は、房総半島の養老渓谷へ出かけました。

秋も深まり、紅葉の季節も到来?
期待を胸に大多喜町へと向かいます。

そう言えば、確か養老渓谷には養老渓谷温泉旅館組合が制定した
養老渓谷八景なるモノがあったはず...........
以前、入手した養老温泉郷のパンフレットを見直し
改めてネットで調べてみると、『養老八景』という名称に変わっていた(?)

養老八景は養老川の渓谷周辺の8つの景勝地。
その内訳は
   梅ヶ瀬渓谷
   観音橋・出世観音
   弘文洞跡
   懸崖鏡
   筒森もみじ谷
   水月寺
   粟又の滝(養老の滝)
   金神の滝          となっています。

養老八景



以前梅が瀬渓谷は訪れたことはありますが (その時の記事は  こちら )
せっかくだから、残りの養老八景を巡ってみることにいたしましょう。

と言うことで、訪れたのは...........養老八景 金神の滝



金神の滝は、川廻しのトンネル奥で、発見された落差35mの滝と言う事らしい。
発見されてから10数年らしく、新しい観光スポットとして大多喜町も紹介しているようです。

川廻しのトンネルと言えば、君津市の濃溝の滝。
そんな、イメージが勝手に膨らんでしまいますが...............


金神の滝へのアプローチは、2パターン。

①粟又の滝から県道を養老川上流方面へ約1kmほど移動すると
『ごりやくの湯』と言う日帰り入浴施設があります、
その敷地奥に広い駐車場があり、
そちらに車を停めて滝を目指すパターン。
ちなみにこちらの駐車場は無料(っぽい?)。

      20161116養老渓谷八景 金神の滝02



②もう一つのパターン、粟又の滝の村営の駐車場に車を停めて
県道沿いにある看板に導かれて行くパターン。
こちらは駐車場代が500円かかります。

      20161116養老渓谷八景 金神の滝01


養老渓谷は景勝地が点在するため、
意外に駐車場料金も馬鹿になりません。
健脚なら①のパターンをお勧め。
金神の滝から粟又の滝に行って2kmぐらい。
再び、『ごりやくの湯』の駐車場に戻って約3.5km。

今回は、こちらのパターンで訪れてみました。



金神の滝って聞き慣れない滝ですが、
滝までは案内板が要所要所に立っていて、迷わずに行けそうです。      

      20161116養老渓谷八景 金神の滝03


      20161116養老渓谷八景 金神の滝04


案内板に従って歩いていくと、少し山を登るような形で
上り坂を上って行きます。

      20161116養老渓谷八景 金神の滝05


      20161116養老渓谷八景 金神の滝06


ここからは下り。

      20161116養老渓谷八景 金神の滝07


2日前の雨で、道は多少ぬかるんでいるから
滑らないように気をつけましょう。


一気に下れば、やがて金神の滝。

      20161116養老渓谷八景 金神の滝08

手作り感満載の看板です。



赤い鳥居の奥に見えるのが金神の滝。

      20161116養老渓谷八景 金神の滝09


      20161116養老渓谷八景 金神の滝10



こちらが金神の滝の全容。

      20161116養老渓谷八景 金神の滝11

落差35mと言う事ですが、35mには見えない。
二段になっていてら、さらに奥に上段の滝があるんでしょうか?



見た感じ落差20mぐらいにしか見えないんだけどなぁ。

      20161116養老渓谷八景 金神の滝12


      20161116養老渓谷八景 金神の滝13



金神の滝の周りの壁面には、様々な神様が祀られています。

      20161116養老渓谷八景 金神の滝14


      20161116養老渓谷八景 金神の滝15


      20161116養老渓谷八景 金神の滝16



神に見守られている滝と言ったところでしょうか?

      20161116養老渓谷八景 金神の滝17



金神の滝の下流は、『知恵の穴』。

      20161116養老渓谷八景 金神の滝18


実は、この『知恵の穴』が川廻し。

      20161116養老渓谷八景 金神の滝19


川廻しとは、房総のみにみられる特殊な新田開発の方法です。
川の曲流部分を短絡し、今まで川だった所を水田化する方法で、
近世~明治にかけて房総丘陵各地で450ケ所以上で行なわれました。

すなわち、本来の川をトンネルを掘ってショートカットして、
以前の川の跡地を農地にすると言う工事方法です。


トンネルの出口側から川廻しを覗いてみます。

      20161116養老渓谷八景 金神の滝20



確かに、川廻しのトンネルの奥に(上部に)
金神の滝が見える。

      20161116養老渓谷八景 金神の滝21


不思議なのは、この立派な滝が何故、古くから知れ渡っていなかったんだろうか?


紅葉を期待して養老渓谷に来てみたが
ちょっぴり紅葉には早かったようです。

モミジの葉が色付く時期だと、さぞや見応えのある滝になるんじゃないかな?





関連記事
スポンサーサイト
2016/12/07 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit