06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

び・び・びのびいすけ

廃校を訪ねて..............旧・桜川村立三次小学校跡  (2016年11月12日)(茨城県稲敷市) 

11月12日 公休日

この日は、霞ケ浦周辺の茨城百景巡りに出かけました。

稲敷市の浮島に来て、近くに民間会社の工場になってしまった小学校跡があるのを思い出した。
実は、以前稲敷市役所の江戸崎支所で、この情報を教えてもらいました。

せっかく近くを通るのだから、立ち寄ってみましょう。
と、言う事で向かった先は...............旧・桜川村立三次小学校(跡)


三次小学校の創立時期等、詳しい沿革は不明です。
Wikipedia並びに統合された古渡小学校のHPによれば
昭和45年に 旧・桜川村立古渡小学校(現・稲敷市立古渡小学校)に統合されて
廃校となったようです。

稲敷市役所の方の話では、その後跡地は民間に売却され
工場として活用されたせうですが、その工場も潰れてしまい、
現在は、別な会社が工場(?)として利用しているようです。



県道206号を浮島地区から江戸崎地区へと車を走らせていると
セベ・バレステロスGCの近くで、こんな風景が視界に入って来ます。

      20161112三次小学校01



さらに進むと、右方向に門。

      20161112三次小学校02


      20161112三次小学校03



こちらが、かつての三次小学校の正門跡。

      20161112三次小学校04



工場として利用されているから、門にはそちらの会社の表札。

      20161112三次小学校05


      20161112三次小学校06



土曜日ですから工場も休み。
門扉も固く閉ざされています。

      20161112三次小学校07



民地だから、勝手に敷地内には入れません。
フェンス沿いに外周を周ってみます。

      20161112三次小学校08



廃校時期が昭和45年と46年も前だから
当然、建物も建て替えられているから、往時の面影はありません。

      20161112三次小学校09


      20161112三次小学校10


フェンス越しにざっと覗いてみる限り、
遺構らしきモノは見当たりません。

廃校記念碑などはありません。


学校の面影を辛うじて感じられるのは
敷地内のフェンス沿いの木々。

      20161112三次小学校11


      20161112三次小学校12


      20161112三次小学校13


      20161112三次小学校15

桜の木々にイチョウの木。
小学校の木々っぽいですねぇ。




敷地裏手の駐車場から覗きこむと、古い焼却炉。

      20161112三次小学校14

ひょっとしたら、三次小学校のモノかもしれない。



以前、この前を通ったのが三年ほど前の平日。
トラックの出入りもあったりして、
とても覗けるような雰囲気じゃなかった。

民間に転売された小学校跡地を周るのって
色々と制約や制限があって難しい。
やっぱり公民館辺りに転用されているのが無難ですなぁ,






関連記事
スポンサーサイト
2016/12/03 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit