04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

び・び・びのびいすけ

びいすけとお父さんと時々もっちゃん

茨城百景  《 高須崎の一本松 》   (2016年11月12日)(茨城県行方市) 

11月12日  公休日

この日は、茨城県の行方市周辺並びに霞ケ浦周辺の茨城百景巡りに出かけました。


茨城百景とは、茨城県観光審議会によって昭和25年に選出された
茨城有数の景勝地が100ヶ所網羅されています。
時代の移り変わりにより、形状が変更したり、存在しないものもあるそうです。
ネットで調べてみると、昭和25年に選定された地に『茨城百景』の碑が建てられ、
その碑を探し求めて、追いかけている人がかなり居るようです。

実は、私もその一人であり、最近になって茨城百景を追いかけることにいたしました。


そんな訳で、向かった先は...............茨城百景 高須崎の一本松



霞ケ浦の湖畔近くに、『 茨城百景 高須崎の一本松 』はありました。

ヤフーマップにも載っているし、近くに行けば案内板もあるので
迷うことなく、辿りつけます。

こちらが、高須崎の一本松。

      20161112茨城百景 高須崎の一本杉01


こちらが説明板。

      20161112茨城百景 高須崎の一本杉02




実は、これは2代目の松。

      20161112茨城百景 高須崎の一本杉03

全国で有名な松の巨木、古木が被害に遭って枯れてしまったように
ここ、高須崎の一本松も松食い虫の被害に遭い、枯れてしまいました。

そもそも高須崎の一本松は、関東の二大銘木と言われたそうです。
ちなみにもう一つの銘木は鎌倉の鶴岡八幡宮の大銀杏だそうです。
天に昇るといわれる竜が湖岸で水を呑んでいるような樹相が素晴らしく、
多くの歴史の偉人たちに愛されたのが高須崎の一本松でした。
昭和27年に茨城県天然記念物に指定されましたが、
昭和51年に松食虫に被害を受けて枯渇してしまい、
昭和55年に県文化財の指定を解除されてしまいました。
樹齢900年、根元周り8m、樹高約7m、東西南北23mあったと記録され
大変、立派な松だったようです。

昭和58年に高須の一本松の根元に生えていた二代目と、
高須地区の松ぼっくりを集めて育てて、
初代の形状に似た二股の苗木が植樹されたそうです。

      20161112茨城百景 高須崎の一本杉06




高須崎の一本松は、
歴史上の偉人(?)との接点と言うか、逸話が多い。


その昔、源義家が永承6(1051)年の前九年の役で陸奥の豪族阿部氏の平定に向かう途中、
鹿島神宮に戦勝祈願をするために霞ヶ浦を渡る時に暴風雨に遭い、
高須崎で足留めを食らってしまいました。
その時に義家が歌を詠んだところ、不思議と暴風雨がやみ、
波間に1本の小松が漂っていたものを植樹したものが、
後の『高須崎の一本松』だと言われています。

その時に詠んだと言われているのが...............

『ちはやぶる 鹿島の神の 授け松
なほ 万代も 君は栄えん』

源義家は、別名を八幡太郎義家と呼び、
河内源氏の流れを汲み、源頼朝の祖先にあたります。



そして、水戸藩2代目藩主である水戸光圀。
(水戸の黄門様の方が有名ですが...............)
光圀公は領内巡視の際にこの地に立ち寄りました。
一本松の雄大な姿にいたく感動したらしく、
この巡視以降、松の世話をする松守を置いて、
毎年水戸藩より松の肥料代を出していたと言われています。


さらには、水戸藩九代藩主、徳川斉昭がこの地に立ち寄り
やはり、この高須崎の一本松をいたく気に入り、
『この松を手入れして大事にしなさい』と三十両を出したと言われています。
斉昭公は、領内を巡視し水戸八景を選定して若い藩士の教育の為に
八景の地を歩かせて藩の状況などを知らしめようとしたりと、水戸藩の名藩主でありました。




石碑も幾つかあります。
 
『高須崎古松碑』と刻まれた石碑。

      20161112茨城百景 高須崎の一本杉04



こちらの石碑は徳川光圀と徳川斉昭が詠んだ和歌が刻まれた歌碑。

      20161112茨城百景 高須崎の一本杉05

『高須崎 波にゆらるる一ツ松
さぞや山路の 恋しかるらん 』
(水戸藩二代藩主 徳川光圀の和歌)

『つたえ聞く 何も高須の一つ松
波にこえぬる 緑みすらし 』
(水戸藩九代藩主 徳川斉昭の和歌)




車が通れる道からは、こんな感じ。

      20161112茨城百景 高須崎の一本杉07



茨城百景の碑は、フェンス沿いに建っています。

      20161112茨城百景 高須崎の一本杉09




『 茨城百景 高須崎の一本松 』の碑。

      20161112茨城百景 高須崎の一本杉08

車で来た場合、最初に視界に入ってくるから見つけやすい。



  
最奥にあるのが、こちら。
高須の一本松と勘違いする『いろはもみじ』

      20161112茨城百景 高須崎の一本杉10

木の前に石碑が建っているから勘違いしやすいらしい。
実は、私もその1人(笑)。



この石碑は徳川斉昭がポンと出した三十両の一部で建てられたらしい。

      20161112茨城百景 高須崎の一本杉11


      20161112茨城百景 高須崎の一本杉12


敷地そのものは広くなく、
そして主役であるはずの一本松は、
とうの昔に枯れてしまったけれど、
この高須崎には、思いもよらぬ逸話が後世に残されているようです...............。




関連記事
スポンサーサイト
2016/11/28 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit