10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

び・び・びのびいすけ

茨城百景  《 牛久沼 》   (2016年10月7日)(茨城県つくば市) 

10月7日 公休日

茨城県には、昭和25年に制定された『茨城百景』なるモノがあります。

茨城百景とは、茨城県観光審議会によって昭和25年に選出された茨城有数の景勝地が100ヶ所網羅されています。
時代の移り変わりにより、形状が変更したり、存在しないものもあるそうです。
ネットで調べてみると、昭和25年に選定された地に『茨城百景』の碑が建てられ、
その碑を探し求めて、追いかけている人がかなり居るようです。

実は、私もその一人であり、最近になって茨城百景を追いかけることにいたしました。


『 茨城百景 龍ヶ崎観音 』をあとにして向かった先は...............茨城百景 牛久沼


牛久沼と言うと、牛久市と思いがちですが
『 茨城百景 牛久沼 』の茨城百景の碑は、旧・茎崎町であるつくば市の泊崎太子堂に在ると言うことで
泊崎太子堂へと向かいました。

泊崎太子堂は、弘法大師(空海)がこの地を訪れ千座護摩を修めたところに建てられたと伝えられています。
昔から縁結びと長寿にご利益があるされていて、別名、弘法大師堂とも呼ばれています。
今ではここにお参りすると長患いせずに人生の最後を迎えられるとして
多くの人々の信仰を集めています。
牛久沼を見下ろす高台にあり、風光明媚な場所です。
大師堂の参道には「茨城百景 牛久沼」の碑があります。
大師堂のある場所は、つくば市の最南端となります。

また、弘法大師が訪れたこの地には、弘法の七不思議と言う伝説が残されています。

1、駒の足跡(こまのあしあと)。
駒(馬)に乗って弘法大師が現れ、小川に架かる石橋を渡ったときに
足跡が残ったとされる。
2、木瓜(ぼけ)。
弘法大師がこの地を訪れる際通った山道の木瓜は、
それ以来、実をつけなくなったという。
3、逆松(さかさまつ)。
弘法大師が持っていた松の杖が根付いたものとされる。
4、硯水(すずりみず)。
弘法大師が字を書くときに使ったとされる湧き水。
5、独鈷藤(とっこふじ)。
大師堂の藤の節が独鈷の形に似ていることからその名がつけられた。
6、五葉の杉(ごようのすぎ)。
大師堂にあった杉の木の葉が5枚の葉をつけていたとされています。
7、法越(のっこし)。
弘法大師が、馬に乗って川を渡った場所が法越で、
以来その場所には藻が生えなくなった。

現在、駒の足跡と逆さ松が大師堂にあり、硯水は失われていたが、
大師堂の近くに再現されました。それらも以外は残念ながら現存していません。


こちらが泊崎太子堂の入り口。

つくば市の観光案内図と弘法の七不思議の説明看板が建っています。

      20161007茨城百景牛久沼01


正面に見えるお堂が泊崎太子堂。

      20161007茨城百景牛久沼02


参道には、弘法大師の像と茨城百景の碑。

      20161007茨城百景牛久沼03



『 茨城百景 牛久沼 』の碑。

      20161007茨城百景牛久沼04



弘法の七不思議の『逆松』と『駒の足跡』

      20161007茨城百景牛久沼05


高台に建っている泊崎太子堂。

      20161007茨城百景牛久沼06



泊崎太子堂の扁額。

      20161007茨城百景牛久沼07



太子堂の建っている高台は削平地。

      20161007茨城百景牛久沼08

かつては泊崎城が在った場所らしい。



太子堂背後の牛久沼。

      20161007茨城百景牛久沼09



この風景が茨城百景。

      20161007茨城百景牛久沼10



この日は晴れているから、青空に牛久沼が映えています。

      20161007茨城百景牛久沼11



泊崎太子堂の近くに、こんな看板。
どうやら、弘法の七不思議の一つ『硯水』が近くにあるようです。

      20161007茨城百景牛久沼12

せっかくだから、探してみましょう。



此所か? と思ったら違っていた。

      20161007茨城百景牛久沼13


七浦弁財天でした。

      20161007茨城百景牛久沼14



七浦弁財天は、牛久沼の湖畔に鎮座していました。

      20161007茨城百景牛久沼15


七浦弁財天に隣接する泊崎弁財天。

      20161007茨城百景牛久沼16


何故だか、弁天様が多い。

      20161007茨城百景牛久沼17

そもそも弁財天は、泉や島や港湾の入り口などに、弁天社や弁天堂として数多く祀られていたり、
弁天島や弁天池など地名として残っていることもあるから、
いずれにしても海や湖や川などの水に関係していることが多いみたいです。



肝心の『硯水』は見つかりません。

いつの間にか、牛久沼の湖畔に来てしまいました。

      20161007茨城百景牛久沼18



さらに、歩くこと5分。

やっと『硯水』を見つけました。

      20161007茨城百景牛久沼19



伝説の湧水のようですが、残念ながら枯れる寸前のようです。

      20161007茨城百景牛久沼20


『 茨城百景 牛久沼 』は、包括地点として
泊崎、大師堂、岡見城址、小川芋銭の遺蹟、釣場、猟場金龍寺を有しています。

泊崎や太子堂は旧・茎崎町(現・つくば市)であり、
岡見城址、小川芋銭の遺蹟は牛久市にあたる。
涸沼の例もあるから、ひょっとしたら牛久市側にも百景の碑があるんだろうか?







関連記事
スポンサーサイト
2016/11/04 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit