06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

び・び・びのびいすけ

茨城百景  《 大利根の展望 》   (2016年10月7日)(茨城県北相馬郡利根町) 

10月7日  公休日

茨城県には、昭和25年に制定された『茨城百景』なるモノがあります。

茨城百景とは、茨城県観光審議会によって昭和25年に選出された茨城有数の景勝地が100ヶ所網羅されています。
時代の移り変わりにより、形状が変更したり、存在しないものもあるそうです。
ネットで調べてみると、昭和25年に選定された地に『茨城百景』の碑が建てられ、
その碑を探し求めて、追いかけている人がかなり居るようです。

実は、私もその一人であり、最近になって茨城百景を追いかけることにいたしました。


と言う事で、この日は茨城百景巡りに出掛けました。

まず最初に訪れたのは...............茨城百景 大利根の展望

百景の周辺に景勝地などが固まっている地区においては、
包括風景としてそれらも合わせて選定しているようです。

大利根の展望は包括地点として、
大利根橋、小文間大六天、小文間城址、戸田井橋、布川栄橋、徳満寺、来見寺が含まれます。


『茨城百景 大利根の展望』の碑は、徳満寺の境内に在ります。


こちらが、徳満寺。

山門下になります。

      20161007茨城百景利根川の展望01

車は、この山門下のスペースに停めると良いでしょう。


県道4号線側の入り口。
徳満寺の寺号標。

      20161007茨城百景利根川の展望02

こちら側にも駐車場があるけれど、幼稚園が隣接しているから
出し入れにちょっぴり不便。

この徳満寺は、戦国時代の布川城跡でもあります。

      20161007茨城百景利根川の展望11

城址巡りを趣味としている身ですから、当然『布川城址』として
この徳満寺に訪れたことが有りますし、
茨城百景の碑の存在も確認しています。



徳満寺の山門

      20161007茨城百景利根川の展望03

実は、茨城百景の碑は元々、この山門脇に建っていたらしい。
山門の建て替え時に、碑は移動されたらしい。



こちらは、客殿。

      20161007茨城百景利根川の展望04


そして、こちらが地蔵堂(本堂)。

      20161007茨城百景利根川の展望05



肝心の茨城百景の碑は、客院脇に移設されています。

      20161007茨城百景利根川の展望06



こちらが、『 茨城百景 大利根の展望 』の碑。

      20161007茨城百景利根川の展望07



こちらに、百景の碑の移設に関して記載されています。

      20161007茨城百景利根川の展望08



百景の碑の側には、小林一茶の句碑。

      20161007茨城百景利根川の展望09


さらにその横には、星野一楽の句碑。

      20161007茨城百景利根川の展望10



徳満寺からは、木々が茂って利根川の眺望は拓けていません。
昭和25年当時は、山門から利根川の流れが眺められたのでしょうか...............?


県道沿いに歩き、千葉県との県境でもある栄橋辺りに来てみます。


こちらが徳満寺遠景。
布川城址遠景でもあります。

      20161007茨城百景利根川の展望12


県道が布川城を分断しているのが分かります。

      20161007茨城百景利根川の展望13



栄橋からの利根川。(下流域)

      20161007茨城百景利根川の展望14


      20161007茨城百景利根川の展望15


栄橋からの利根川(上流域)。

      20161007茨城百景利根川の展望16


この利根川の眺望が『茨城百景』そのものなんだろうなぁ...............。




関連記事
スポンサーサイト
2016/11/02 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit