06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

び・び・びのびいすけ

平塚八景 《 森の前鳥神社 》 (2016年9月29日)(神奈川県平塚市) 

9月29日 公休日

この日は神奈川県の平塚市に行きました。


平塚市には、平塚八景なるモノがあります。


平塚八景は、平塚市の市制施行50周年を記念して、
平塚市民の推薦のもとに平塚の代表的な景色・景観等を
昭和57年に制定されたものです。

その内訳は

平塚八景 平塚砂丘の夕映え
平塚八景 湘南潮来
平塚八景 八幡山公園
平塚八景 森の前鳥神社
平塚八景 湘南平
平塚八景 霧降りの滝・松岩寺
平塚八景 七国峠・遠藤原
平塚八景 金目川と観音堂

の8ヶ所となっています。


平塚八景 湘南潮来 (相模川八景 湘南潮来と河口)を訪れ、
本日の予定は全て完了。
国道129号線を北上して、八王子の実家へと車を走らせていました。

国道129号線を走っていると、前鳥神社 の看板が目に入って来ました。
確か、前鳥神社も平塚八景の一つじゃなかったっけ?

ウインカーにて右折の意思表示。
ハンドルを右に切り、急遽向かった先は...............平塚八景 森の前鳥神社


駐車場に車を停め、前鳥神社へと向かいます。


前鳥神社の社号標。

      20160929平塚八景森の前鳥神社01


学問の神様である奨学神社があるから、前鳥神社は学問の神様として
地域の信仰を集めているようです。

      20160929平塚八景森の前鳥神社02


前鳥神社の境内には、桜やけやきの大樹、杉の古木が多く、
平塚市保全樹林に指定されており、古社らしき趣きのある一画となっています。
「木の実落ちし 音しんかんと残りけり 飛鴻」の句碑もあります。


それでは、参道を歩きながら前鳥神社の境内に向かいましょう。

      20160929平塚八景森の前鳥神社03



参道には、祭りの提灯。
ちょっぴり気になります。

      20160929平塚八景森の前鳥神社04


奠の綱?

      20160929平塚八景森の前鳥神社05

「奠の綱(でんのつな)」は、神を導く綱で
社殿まで誘導するモノらしい。



前鳥神社の鳥居。

      20160929平塚八景森の前鳥神社06



鳥居の脇に建つ平塚八景の碑。

      20160929平塚八景森の前鳥神社07



こういったしっかりとした碑があると、ついつい追いかけてみたくなります。

      20160929平塚八景森の前鳥神社08



説明看板もしっかりと設置されています。

      20160929平塚八景森の前鳥神社09



こちらは鐘楼。

      20160929平塚八景森の前鳥神社10


書家近藤雪竹(先生)の功績を称えた碑。

      20160929平塚八景森の前鳥神社11


      20160929平塚八景森の前鳥神社12


      20160929平塚八景森の前鳥神社13



こちらが、拝殿。

      20160929平塚八景森の前鳥神社14



この松は稀に四本の葉をつけ、
その松葉を身につけると幸せになるといわれています。

      20160929平塚八景森の前鳥神社15


      20160929平塚八景森の前鳥神社16



こちらが、御神木。

      20160929平塚八景森の前鳥神社17


そして、こちらが学問の神様、奨学神社。

      20160929平塚八景森の前鳥神社18



この日は9月29日。

実は前日の9月28日が御例祭。

毎年9月28日に神輿宮入と称し、各町内を渡御した神輿が神社参道に着くと、
出迎えた氏子・役員たちが肩衣裃に威儀を正し、提灯を持って誘導します。
神輿が神域内に入ると、待ち受けていた氏子総代が白絹でつくった「奠之綱(でんのつな)」を結び、
この綱を持って誘導します。
拝殿に至り「奠之綱」は神官に手渡され、神輿は還幸する。

そんな御例祭が執り行われていたらしい。

      20160929平塚八景森の前鳥神社19



慌しい御例祭も終わり、社務所は後片付けに忙しそう。

      20160929平塚八景森の前鳥神社20


たまたま訪れたのが御例祭の翌日だったから、境内にも祭りの提灯や
まだまだ片付けられていないゴミが残っていて、
祭りの盛大さをちょっぴり垣間見たような気がします。

きっと盛大な祭りだったんだろうなぁ...............



関連記事
スポンサーサイト
2016/10/30 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit