06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

び・び・びのびいすけ

廃校を訪ねて.........川根小学校木部分校  (2016年9月16日)(茨城県東茨城郡茨城町) 

9月16日   公休日

この日は、茨城県茨城町の廃校巡りに出かけました。


野曽分校跡地をあとにして、向かった先は...............茨城町立川根小学校木部分校

野曽分校跡地をあとにして、向かった先は...............茨城町立川根小学校木部分校

木部分校もWikipediaには記載されておらず
川根小学校のHPに記載された沿革でその存在を知りました。
川根小学校のHPには記載されて沿革によれば...............


明治26年    野曽・下土師・木部に尋常小学校を増設。
          奥谷分教場は下土師の分校とする。
          高等科を併置し、川根尋常小学校と改称する。
大正11年    下土師・木部・野曽を分校とする。
昭和22年    学制改革により川根村立川根小学校と改称する。
昭和30年    川根村が長岡町、沼前村、上野合村と合併し茨城町となり
          茨城町立川根小学校と改称する。
          分校の4年生以上を本校に収容する。
昭和33年    下土師・木部両分校に各教室を増築し,三分校とも単式にして3年まで収容する。
昭和36年    木部分校を新築する。
昭和42年    川根小学校統合のため、本校と三分校はそれぞれ
          川根教場・木部教場・下土師教場・野曽教場となる。
昭和44年    統合校舎完成し木部、下土師、野曽の教場は廃校となる。


と、このような沿革となっています。


とにかく、詳しい情報が他になく、木部地区の公民館、集会所にアタリを付け
まずは、木部東部新農村集落センターへと向かいます。
木部東部新農村集落センターに着いたものの、どうも廃校跡地っぽく無い。
向かいにあるお店(小松崎商事)に聞いてみたら、若い人しかいなかったけど
母屋にいるお婆ちゃんに聞いて来てくれて、詳しい場所が解りました。

木部分校は、廃校後校舎も解体されてしまい
さらには周辺が宅地開発され、
現在はグリーンタウンと言う分譲地になってしまったらしい。



こちらが、グリーンタウンの入口。

      20160916木部分校跡01



この自販機のある所を右折と教わりました。

      0160916木部分校跡02



学校跡とは微塵も感じさせないほど何も無い。

      0160916木部分校跡03


たまたま、歩いていた地元のご老人に話しを伺ったら
木部分校の廃校後、暫くは電気関係の工場が廃校舎を利用して操業していたらしいが
いつの間にか、その工場も廃業したのか?
それとも何処へ移転したのか?
いつの間にか居なくなってしまったそうです。


分譲地になった割には、全てが完売されてはいなくて
空き地も多い。

      0160916木部分校跡04


本当は周辺をじっくり散歩がてら歩いてみたかったんですが
近所の犬が吠え出し...............

まぁ、住宅街に見知らぬ男が犬を連れて歩いていると
怪しい?なんて思われちゃうし
むやみに飼い犬が異常なほどに吠えるだけだから
何も無い木部分校跡は、これくらいで諦めましょう。

      0160916木部分校跡05


ここまで、完膚なきまで改変されていると
二ノ宮像とか廃校記念碑などと言える状態ではありません。

これも致仕方無いことでしょう。





関連記事
スポンサーサイト
2016/10/18 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit