10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

び・び・びのびいすけ

廃校を訪ねて...........川根小学校野曽分校  (2016年9月16日)(茨城県東茨城郡茨城町) 

9月16日 公休日

この日は、茨城県茨城町の廃校巡りに出かけました。

川根小学校をあとにして、向かった先は...............茨城町立川根小学校野曽分校

野曽分校もWikipediaには記載されておらず
川根小学校のHPに記載された沿革でその存在を知りました。
川根小学校のHPには記載されて沿革によれば...............



明治26年    野曽・下土師・木部に尋常小学校を増設。
大正11年    下土師・木部・野曽を川根尋常高等小学校の分校とする。
昭和22年    学制改革により川根村立川根小学校野曽分校と改称する。
昭和30年    川根村が長岡町、沼前村、上野合村と合併し茨城町となり
          茨城町立川根小学校野曽分校と改称する。
          分校の4年生以上を本校に収容する。
昭和33年    単式学級にして3年まで収容する。
昭和42年    川根小学校統合のため、本校と三分校はそれぞれ
          川根教場・木部教場・下土師教場・野曽教場となる。
昭和44年    統合校舎完成し木部、下土師、野曽の教場は廃校となる。

と、このような沿革となっています。



何しろ、川根小学校のHPに記載されていた沿革しか情報がなく
野曽分校の跡地の場所が分かりません。
経験と勘当然yahooマップの航空写真で
『 野曽ふるさとコミュニティセンター』とアタリを付けて訪れてみました。

しかし、微妙。
鹿島神社の境内にある『 野曽ふるさとコミュニティセンター』は、
学校跡にも見えなくもない。
自信がないので、誰かに聞こう。
できれば、高齢の方が良いな。
と周辺を徘徊していたら、草刈りをしている老人を発見。
話しを伺うと、野曽分校は別な場所だけどすぐ近く。
教えて頂いた場所へと向かいます。


この坂を上った先が、野曽分校跡地。

      20160916野曽分校跡01


こちらが、野曽分校跡地。

      20160916野曽分校跡02

『何もないよ』と言われていたけれど
確かに何も無い。


1本だけ残っていた門柱。

      20160916野曽分校跡03

コンクリート製だから、そんなに古くはなさそうです。
と言っても廃校から既に47年。
すなわち、47年以上前のモノになる。



敷地の外周に植えられた桜。

      20160916野曽分校跡04

元々、森の中(?)で陽当たりも良く無い感じの上に
この日は曇り空。
何と無く暗い画像になってます。



何かの標柱かと思っていたら、単なる丸木。

      20160916野曽分校跡05


一匹の雨蛙が居ました。

      20160916野曽分校跡06


左奥手の森の入り口には石碑が3基。

      20160916野曽分校跡07

碑文が暗くて読めませんでした。
どうも学校関連の石碑では無さそうです。
庚申塔みたいなモノでしょうか?



分校跡地だから、敷地はそんなに広くは無い。

      20160916野曽分校跡08



そして、本当に何も無い。

      20160916野曽分校跡09




門柱から見て、正面奥の森の先には、こんな遺跡がありました。

      20160916野曽分校跡10



茨城町指定文化財。
宝塚古墳。

      20160916野曽分校跡11



古墳の土壇を最初に見た時は、
『えっ! ここは城址?』なんて思ったりしましたが、
古墳の説明板を見て納得。

      20160916野曽分校跡12



古墳のすぐ側に在った野曽分校。
廃校後、校舎も解体されてしまいましたが
元々、台地頂部の森の中に在り、文化財である古墳が隣接している。
そんな位置関係もあって、宅地に改変することも無く、
そのまま残っているんですね。




関連記事
スポンサーサイト
2016/10/17 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit