03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

び・び・びのびいすけ

びいすけとお父さんと時々もっちゃん

廃校を訪ねて..........川根小学校  (2016年9月16日)(茨城県東茨城郡茨城町) 

9月16日  公休日

この日は、茨城県茨城町の廃校巡りに出かけました。


下土師分校跡地をあとにして、向かった先は...............茨城町立川根小学校


川根小学校は

明治6年     学制発布によって上飯沼旧寺院を小学校とする。
          分校を下土師と川又に置く。
明治9年     分校を廃して本校に合併する。
明治12年    秋葉小学校奥谷分校を本校の分校とする。
明治26年    野曽・下土師・木部に尋常小学校を増設。
          奥谷分教場は下土師の分校とする。
          高等科を併置し、川根尋常小学校と改称する。
大正11年    下土師・木部・野曽を分校とする。
昭和22年    学制改革により川根村立川根小学校と改称する。
昭和30年    川根村が長岡町、沼前村、上野合村と合併し茨城町となり
           茨城町立川根小学校と改称する。
          分校の4年生以上を本校に収容する。
昭和33年    下土師・木部両分校に各教室を増築し,三分校とも単式にして3年まで収容する。
昭和36年    木部分校を新築する。
昭和42年    川根小学校統合のため、本校と三分校はそれぞれ
          川根教場・木部教場・下土師教場・野曽教場となる。
昭和44年    統合校舎完成し木部、下土師、野曽の教場は廃校となる。
平成27年    川根小学校、上野合小学校、沼前小学校、駒場小学校が統合して青葉小学校が誕生。
          川根小学校は廃校となる。

と、このような沿革となっています。


実は、数年前にこな川根小学校に来たことがあります。
正確には、川根小学校に隣接する飯沼城址に訪れました。
川根小学校の校庭も飯沼城址の北郭の一部だったようで
川根小学校のグランド整備の際に、北郭の一部が削られてしまったらしい。


こちらが、川根小学校の正門。

      20160916川根小学校01

廃校から、既に1年半。
他に流用されることもなく、門扉は閉ざされ施錠されています。


門柱には、校章。

      20160916川根小学校02


そして、校名の表札のプレートも残っています。

      20160916川根小学校03



そして川根小学校跡地は、この地区の緊急避難場所でもあるようです。

      20160916川根小学校04

でも門扉が施錠されていて、本当に緊急時に避難出来るのだろうか?



フェンス沿いにぐるっと一周してみたら、フェンスの無い箇所があり
そこから校内を見学させてもらいます。




正門の内側。



川根小学校校歌の碑。

      20160916川根小学校05



この辺りには、卒業記念のモニュメントの台座のみが残されています。

      20160916川根小学校06



交通安全優良校表彰の記念碑。

      20160916川根小学校07


まごころの塔。

      20160916川根小学校08

中は、タイムカプセルなのか?
空洞で何かを格納出来る構造になっているようです。


側面には、川根小学校の沿革が刻まれています。

      20160916川根小学校09



『心は玉のようになって体は鋼のように』

      20160916川根小学校10

なかなかの名文です。



校庭に移動してみましょう。


かつては、飯沼城址の北郭だった校庭。
台地ごと削られて面影は無い。

      20160916川根小学校15


      20160916川根小学校16



そして校庭の奥には廃校舎。

      20160916川根小学校11


      20160916川根小学校12


      20160916川根小学校13



こちらは、体育館。

      20160916川根小学校14


   

校庭に残る遊具類。
     
      20160916川根小学校17


      20160916川根小学校18


      20160916川根小学校19


      20160916川根小学校20


      

このボードに何人の子供たちがボールを投げたんだろうか?

      20160916川根小学校22



校庭の片隅にも、卒業記念のモニュメント。

昭和の最後の卒業生(昭和63年度)の作品。

      20160916川根小学校23



タイトル『希望』。

      20160916川根小学校24

まさに、希望に向け躍動する姿。


プールのフェンスには、廃校時に掲げられた看板。

      20160916川根小学校25

『ありがとう』と書かれていたんですね。



校庭の最南端。

      20160916川根小学校26

飯沼城址はすぐ上。
この辺りは城址の雰囲気が残っています。



そして、体育館の脇にはお約束(?)の防災倉庫。

      20160916川根小学校27


かつては分校を3つも有し、地域の教育の中核だった川根小学校。
時代の流れと言うか、少子化の波には勝てませんでした。
この地に再び、小学校や分校が出来ることは、おそらくないでしょう。
それが平成の現代のまぎれもない現実。
まぁ、素直に現実を受け止めるしかないでしょう。






関連記事
スポンサーサイト
2016/10/16 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit