10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

び・び・びのびいすけ

宮ヶ崎城址  (2016年9月16日)(茨城県東茨城郡茨城町) 

9月16日  公休日

この日は、茨城県の茨城町に出掛けました。

茨城町の廃校を巡るついでに、涸沼周辺の景勝地を巡っていました。
親沢の鼻(親沢公園)をあとにして、対岸の『弁天の鼻』に向けて
クルマを走らせていると、一瞬大きな看板が視界に入って、すぐに消えた。
なんの看板だろう?とUターン。


畑へと誘う道に入り、目にした看板がこちら。

      20190916宮崎城址01


えっ! こんな所に城址があるの?
ついつい、この大きな看板の文面をじっくり読んでしまいます。


宮崎(宮ヶ崎)城は...............


鎌倉時代初期1220年代、鹿島郡領、鹿島三郎成幹の孫、三郎家幹はこの地に土着し宮崎氏を名乗り
領地は宮崎郷の内、五十町と当麻津(鉾田市)を支配していた。
特に水運を押さえる水軍として活躍した初代家幹は
これより南方「きゅうでん掘」と呼ばれている150メートル×100メートルの方形を呈した館に居住していた。
その後、南北朝から室町初期には吉田郡河崎村(水戸市)から、
用次、飯岡、菅谷、瀬落(小美玉市、鉾田市)までも領有し、鹿島氏本宗家に並ぶ勢力を持ち、
茨城町一番の豪族となった、また鹿島大使役として幹親(文永 年中)幹詮(建式)、
(暦応から康永)が三度鹿島神社七月大祭の際使を務めている。
南北朝期には北朝方として北畠親房方の神宮寺城、阿波崎城の攻撃戦闘に参加をしている。
宮崎城は戦乱の時、詰めの城として使用した二本の堀と土塁で別けられた五つの曲輪から構成され、
江戸氏の時代(1550年頃)に再整備されてものである。
1416年(応永二十三年)十月上杉禅秀の乱に加担した宮崎氏は、烟田氏、江戸氏らに敗れ、
九代200年の永きに渡った茨城町一円の支配を終わる事となった。
この地の北宮、定光院跡地は宮崎氏一族の墓地があり、
多数の五輪塔、層塔、宝篋印塔と共に静かな眠りについている。
   平成二十六年七月       茨城町文化財保護審議委員 井坂英嗣
                  宮ヶ崎城跡保存会


と看板に記載されていました。

      20190916宮崎城址02


元々予定には有りませんでしたが、偶然見つけた城址。
この大きな看板には、縄張り図もあるし...............

      20160916宮ケ崎城縄張り


ここは、進軍しない訳にはいきません(笑)。


と、言うことで 宮ヶ崎城址 へいざ参らん!



この辺りは二郭。

      20190916宮崎城址03



完全な畑。

      20190916宮崎城址05



二郭の虎口。

      20190916宮崎城址04


     
畑の畦道をまっすぐ進めば、やがて主郭。


      20190916宮崎城址06
      


主郭虎口。

      20190916宮崎城址07



主郭奥には、宮ヶ崎(宮崎)城址の碑。

      20190916宮崎城址08


碑分によれば、以前は畑になったと言えども、主郭辺りは竹が生い茂り
荒地で手もつけられない状態だったと言うことですが
地元の保存会の有志(ほとんどが高齢な方々だったと言うことです)の方々が
整備、管理、保全されてきたらしい。

      20190916宮崎城址09

その奉仕者の苦労と努力に敬意を表して城址碑が建てられたと言うことです。


城址碑な脇には標柱。

      20190916宮崎城址10

おそらく以前は、この標柱だけだったんでしょう。



標柱と城址碑の背後には土塁。

      20190916宮崎城址11


往時の宮ヶ崎城は、この土塁がぐるっと主郭を取り囲むような形になっていたようです。

      20190916宮崎城址13



そして、土塁の先には空堀。

      20190916宮崎城址14

しかし、空堀には雑草が生い茂り、進軍は諦めます。


管理されているとは言え、夏期の雑草の生い茂るスピードには勝てません。


空堀は諦め、主郭から三郭へと移動します。
城址碑のある辺りから、主郭虎口へと戻ります。

      20190916宮崎城址15


再び、主郭虎口。

      20190916宮崎城址16

主郭から二郭へは畦道がらありますが
二郭から三郭へは畦道がない。
畑の中を踏み荒らして行くのは失礼だし、せっかく地権者が
城址を解放してくれているんだから、迷惑は掛けられません。

三郭へは、香取神社からぐるっと回ります。


鹿島神社前。

あの看板も確認出来ます。

      20190916宮崎城址17

奥の森が主郭辺り


主郭から5分、いや10分近く歩いて、やっと三郭に到着。

こちらが、三郭の虎口。

      20190916宮崎城址18



三郭に建っている標柱。

      20190916宮崎城址19


三郭は宮崎氏に所縁のある宮崎氏寺の跡らしい。

      20190916宮崎城址20



寺の跡形もなく、一面の畑。

      20190916宮崎城址21



偶然、遭遇した宮ヶ崎城址。
空堀が雑草に覆われていて、進軍に逸る気持ちを抑えてくれましたが
何となく中途半端。
冬場の雑草のない時期にリベンジで訪れようかな...............?




関連記事
スポンサーサイト
2016/10/11 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit