06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

び・び・びのびいすけ

茨城百景  涸沼②  (2016年9月16日)(茨城県東茨城郡茨城町) 

9月16日  公休日

この日は、茨城県の茨城町の廃校巡りに出掛けました。

とは言いながらも、ちょっぴり寄り道をしていきましょう。
上石崎分校をあとにして向かった先は...............茨城百景 涸沼 その2


涸沼湖畔の狭い道を走って行くと、
親沢と言う地区に辿り着きます。

この『親沢』と言うのが、茨城県教育委員会が選定した
茨城県指定の文化財(名勝)の『親沢』になります。
茨城県が指定した名勝は5ヶ所しかなく、その内の一つになります。

また、この『親沢』は古くは『親沢の鼻』と呼ばれ、
松が生い茂る古くからの涸沼の景勝地で湖畔に突き出ています。
「親沢の一つ松」を詠んだ徳川光圀の句碑があり、
風光明媚な場所でもあるようです。
そして、『茨城百景 涸沼』の包括風景でもあります。
そもそも昭和25年に『茨城百景』を選定(制定)した際に
周辺に景勝地などが固まっている地区においては、包括風景として選定したようです。
ちなみに、『茨城百景 涸沼』では、
『涸沼川,広浦秋月,涸沼の簀巻,弁天の鼻,親沢の鼻,松川居城址,石崎城址,芝崎神社,
東永寺の横穴,常光寺,天王崎城址,楠公神社,大戸の桜』が
包括風景として選定されています。


『親沢の鼻』は親沢公園として、管理されているようです。

      20160916茨城百景涸沼②01


案内看板でチェックも怠りません。

      0160916茨城百景涸沼02


駐車場の向かいにある台地の斜面を石碑を発見!

      0160916茨城百景涸沼03


よ〜く見ると...............

      0160916茨城百景涸沼04

『茨城百景 涸沼』と刻まれています。

この親沢にも茨城百景の碑があったんですね。



駐車場から親沢公園に入ります。

公園入り口に『名勝 親沢』の碑。

      20160916茨城百景涸沼②05

広浦にも同じような碑があったから
茨城県教育委員会が指定した5ヶ所の名勝地には
この石碑が建っていることでしょう。


その近くには、『親沢』の標柱。

      0160916茨城百景涸沼06

広浦でも、やはり同じような標柱がありました。



公園だから気にしないでいたら、
何と、ペット禁止。

      0160916茨城百景涸沼07

おいおい、駐車場の案内看板に禁止事項として記載しといてよ。



仕方ないから、 びいすけ には暫し待機して貰いましょう。

      0160916茨城百景涸沼08

可哀想ですが、入り口近くのガードレールにリードを括り付けます。




『ワン! ワン!!』と吠える びいすけ の声を背中に
急いで親沢の鼻を回ります。

      0160916茨城百景涸沼09


生憎の曇り空で、今一歩な感がしないでもないが
確かに涸沼を感じさせる景観。

      0160916茨城百景涸沼10


      0160916茨城百景涸沼11


      0160916茨城百景涸沼12


      0160916茨城百景涸沼14



公園全体(って言っても.そんなに広くはないが...............)が
キャンプ場になっているから、ペットの制限があるのかも知れない。


      0160916茨城百景涸沼13


こちらが、水戸光圀が詠んだ『親沢のひとつ松』の句碑。
    
      0160916茨城百景涸沼16


その裏面。

      0160916茨城百景涸沼15


     
松のは無かったけど、句碑前から眺める涸沼。

      0160916茨城百景涸沼17

この景観に水戸光圀、すなわち黄門様も感嘆したのだろうか?



急いで、 びいすけ の元へ戻り、公園脇のサイクリングロードへ移動。

ここなら犬連れで歩いても文句言われないでしょう。

      0160916茨城百景涸沼18


びいすけ も親沢の鼻を満喫してくれたかな?

      0160916茨城百景涸沼19




駐車場の向かいの台地。
『茨城百景』の碑が建っていた台地。
実は、この台地が石崎城址。

      0160916茨城百景涸沼20



ここが登城口。

      0160916茨城百景涸沼21

この先(奥)を覗いたら、雑草に覆われ...............
さすがに入って行く勇気はありませんでした。

空堀があって見応えのある城郭らしいのですが
まだまだ城址巡りには時期が早い。

雑草が枯れ草になる晩秋に
再チャレンジでもしてみようかな?




関連記事
スポンサーサイト
2016/10/10 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit