06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

び・び・びのびいすけ

廃校を訪ねて...............番外編 公平中学校跡 (2016年9月7日) 

9月7日 公休日

この日は、東金市に行きました。

東金ダムをあとにして、東金市の廃校を探しに行きました。


昭和47年に廃校になった小学校(公平小学校)を探していたら
こんな石碑を見つけちゃいました。

      20160907公平中学校跡01


      20160907公平中学校跡02



『学舎の跡』

      20160907公平中学校跡03

お〜! 探していた小学校跡は此処か!?



よく石碑を見ると、『公平中学校校歌』と刻まれています。

      20160907公平中学校跡04



そうなんです。

公平小学校跡を探していたら、
偶然にも公平中学校跡を見つけちゃいました。


しかしながら、すぐさまiPhoneで『公平中学校』とググッてみても
ヒットいたしません。
詳しい沿革が判りません。

以前、この辺りは公平村と呼ばれていて
その頃、公平村には中学校がありました。

東金中学校のHPの沿革によれば...............

昭和22年 新制中学発足。
東金町,丘山村,公平村,正気村,福岡村に町村立中学校が創立。

昭和29年 町村合併による市制施行に伴い,それぞれの学校は東金中学校,
丘山中学校,豊成中学校,正気中学校,福岡中学校に改称したらしい。


昭和36年 中学校の統合により,三つの中学校に再編され
第一中学校,第二中学校,第三中学校となったらしい。

すなわち昭和36年まで、この地に中学校があったと言うことらしい。



石碑の裏に回ったら、何やら記されています。

      20160907公平中学校跡05


      20160907公平中学校跡06


      20160907公平中学校跡07

要約すると...............

昭和22年の学制改革によって公平村立公平中学校は創立されました。
公平小学校校舎の一部を借りて(現・公平公民館のある場所)開校しました。

昭和24年  新校舎建設に伴って、この地に移転。
昭和27年   町村合併により東金町立公平小学校と改称する
昭和29年   東金町が市制施行して東金市となり、
         東金市立公平中学校と改称する 
         東金市内の中学校統合により東金中学校公平校舎と改称する。
昭和35年   東金市内の中学校の再編により廃校となる。
         学区の生徒は東金市立第二中学校へと通うことになる。
昭和42年   惜しまれつつも校舎は解体され、跡地は住宅地となる 

と、このような沿革が刻まれていました。




中学校跡の一部は、道庭公園と言う小さな公園になっています。

      20160907公平中学校跡08


      20160907公平中学校跡11


      20160907公平中学校跡12




そして、道庭公園の隣は公平駐在所。

      20160907公平中学校跡09

この駐在所もかつての中学校の敷地の一部です。


駐在所を別アングルから。

      20160907公平中学校跡10


     
そこへ巡回パトロールをしていた駐在さん(警察官)がバイクに乗って駐在所に戻って来ました。
駐在さんに色々と尋ねたら、やはり駐在さんは交番勤務の警察官とはひと味違います。
まだ若い警察官ですが、地域に住んでいるから、地元の事に詳しい。
しっかり、探していた場所(公平小学校跡)も教えてくれました。


校舎解体後に更地となり、一部は小さな公園として残されていますが
敷地の多くが宅地開発されてしまい、例の碑が無ければ
とても学校跡地には見えません。
この石碑について、Googleで『千葉県公平中学校跡』とか
『公平中学校歌碑』で検索してもヒットしない。

ひょっとしたら、多くの東金市民でさえ
此処に公平中学校が在った事さえ知らず、
ひっそりと碑が建っていることも知らないかもしれない。

偶然とは言え、また一つ多くの人が知らないことを知り得て
ちょっぴり得した気分になりました。








関連記事
スポンサーサイト
2016/10/03 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit