03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

び・び・びのびいすけ

びいすけとお父さんと時々もっちゃん

ダムカードを集めよう  《 長柄ダム 》 (2016年9月7日) (千葉県市原市) 

9月7日  公休日

個人的な連休2日目。


この日は、あと2枚でコンプリートとなる千葉県内のダムカード集めに出かけました。

残り2枚の内、1枚は...............長柄ダム




長柄ダムは、千葉県長生郡長柄町に建設されたダムです。
独立行政法人水資源機構が管理する、高さ52.0メートルのアースダムであり、
アースダムとしては高さが日本で第4位、関東地方では最も高く、
同型式としては日本屈指の規模を有するダムと言うことです。
昭和55年にダム建設工事に着工し、昭和60年に完成しました。

利根川の水を房総半島へ導水する房総導水路の調整池として、
東金市にある東金ダムと共に建設され、
栗山川(両総用水)から取水され、東金ダムから送られてくる利根川の水を、
周辺の長生郡市のみならず、松戸市などの江戸川東岸や千葉市などの東京湾岸に上水道と工業用水を供給し、
さらに南房総導水路を系由し南房総に送水することを目的としています。

ちなみに、長柄ダムで出来たダム湖は市津湖と言います。
ダム湖になった辺りは、かつての市津村(現在の市原市)だった事から、
『市津湖』と呼ばれるようになったそうです。

長柄ダムのダムカードは、隣接する『都市農村交流センター』で貰えます。


こちらが、都市農村交流センター。
ダムカード、ゲットです。

      20160906長柄ダム01


      20160906長柄ダム02


長柄ダムに着いた途端、雲行きが怪しくなって来ました。

      20160906長柄ダム03



今にも降り出しそうな感じ。

      20160906長柄ダム04


      20160906長柄ダム05


都市農村交流センターやダム湖の駐車場は
ダム堤体から少し離れているので、周遊路を使ってダムを見に行きましょう。

      20160906長柄ダム06



車止めが設置され、歩いていくしかない長柄ダム。
注意書きが、色々と貼られています。

      20160906長柄ダム07


何と、周遊路の犬連れ散歩は禁止です!

      20160906長柄ダム08


仕方ないので、フェンス越しにダム湖を眺め...............

      20160906長柄ダム09



カメラの越しに堤体を眺めます。

      20160906長柄ダム10



こちらは、ダム湖の真ん中に架かる長柄大橋。

      20160906長柄ダム11

この橋は、県道(一般の公道)だから犬と散歩しても大丈夫。


せっかくだから、長柄大橋を歩いて渡ってみましょう。

      20160906長柄ダム12



暗くて見づらいですが、『長柄大橋』のプレート。

      20160906長柄ダム17



こちらは、『市津湖』のプレート。

      20160906長柄ダム18




長柄大橋の真ん中で湖面を見下ろす びいすけ 。

      20160906長柄ダム19

危ないよ!
落っこちちゃうよ!







長柄大橋から眺める市津湖。

      20160906長柄ダム13


真っ黒な雲は、今にも雨が降りそうな予感を感じさせてくれます。

      20160906長柄ダム14



長柄大橋を渡った先にある周遊路もゲートが閉まって立ち入り禁止。

      20160906長柄ダム15



さらに、ご丁寧にも...............
こちらにも、犬の散歩禁止の看板。

      20160906長柄ダム16


確かに、上水の一部にこの市津湖の水が使われているようだから
衛生面を考えての措置だとは思うけれど、
犬連れをココまで嫌わなくても良いんじゃない?(笑)。


しばらくしたら、突然の雨。
降りそうだとは思っていたけど、まさか橋を渡って対岸に居る時に
ダァ〜っと雨が降って来なくてもいいのに...............

ダムカードを先に貰いに行っておいて、良かったぁ(笑)




こちらが、本日手に入れた『長柄ダム』のダムカード。

      20160906長柄ダム20


      20160906長柄ダム21





千葉県内のダムカードは全部で9種類。
残すは、あと1ヶ所。
コンプリートにリーチです。





関連記事
スポンサーサイト
2016/09/30 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit