10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

び・び・びのびいすけ

ダムカードを集めよう  《 亀山ダム 》 (2016年8月31日) (千葉県君津市) 

8月31日 公休日

この日は、房総半島のダムカードを集めるために
市原市・君津市のダム巡りに出かけました。

清水渓流広場をあとにして、向かった先は...............亀山ダム


亀山ダムは、千葉県君津市の小櫃川に建設されたダムです。
堤高34.5メートルの重力式コンクリートダムで、千葉県営の多目的ダムです。
千葉県内の多目的ダムとしては最初に建造され、最大の総貯水容量を持っています。
小櫃川を堰き止めて出来たダム湖の名称は、亀山湖と呼ばれています。
まあ、亀山ダムのダム湖が亀山湖って言うのは、ストレートに単純明解。
紛らわしくないから良いですね。

亀山ダムは、昭和44年に着工して、10年の歳月をかけて完成しました。
東京ドーム12杯分に相当する1,475万tの貯水量を持ち、治水や飲料水確保に利用されている。
かつて、この辺りが亀山村だったことから、亀山ダムと名付けられたそうです。
秋の紅葉の時期には、多くの観光客が亀山湖畔に色付く紅葉を観に来ることから
観光地としても有名な場所であるようです。



実は、亀山ダムも以前訪れた事があります。
当時は、ダムカードの存在を知らなかったから
再びの訪問となります。

亀山ダムに隣接する、『亀山やすらぎ館』の駐車場に車を入れます。
確か、レストランが有って、テラス席が有ったから犬連れでもご飯が食べれそう。
淡い期待を持っていましたが、この日は水曜日。
毎週火曜日、水曜日が定休日でレストランは開いていません。

ちょっぴり、ショック。
お昼ご飯は、笹川湖近くの道の駅が正解だったかな?


駐車場に建っている亀山ダムの説明看板を空腹の身で見つめます。

      20160831亀山ダム01


駐車場の一画にある亀山ダム記念碑。

      20160831亀山ダム02

工事関係者の記念碑だから、そんなに大きくない。




亀山やすらぎ館の向かいの湖畔に建っている、亀山ダムのダム碑。

      20160831亀山ダム03

やっぱり、ダムにはダム碑がなくっちゃ!



そのすぐ脇には、君津市が提唱する『二十一世紀への継承遺産』の碑。

      20160831亀山ダム06

『亀山ダムと亀山湖』で登録されています。


この君津市の『二十一世紀への継承遺産』も追いかけるのも面白そう。
まぁ、既に幾つかの景勝地で、この標柱を見かけてはいますけど...............。




その標柱の脇から眺める亀山ダム。

      20160831亀山ダム07



こちらは、亀山やすらぎ館の駐車場から眺める亀山ダム。

      20160831亀山ダム08


      20160831亀山ダム09



ダムの天端は、県道となっていて車の往来も多い。

      20160831亀山ダム10



天端の欄干の上流側には、『亀山湖』の文字。

      20160831亀山ダム11



下流側には、『亀山ダム』の文字。

      20160831亀山ダム12



天端を渡って、対岸側に向かってみます。



天端から眺める亀山湖。

      20160831亀山ダム13


対岸側の天端の欄干の下流側には、『小櫃川』の文字。

      20160831亀山ダム14


ちょっとした高台から、亀山ダムを眺めます。

      20160831亀山ダム15


      20160831亀山ダム16



紅葉の時期には(亀山湖辺りは紅葉の時期が遅くて12月始め頃らしい。)には
この山々も色付くことだろうなぁ。

      20160831亀山ダム17



亀山ダムに隣接する亀山・片倉ダム管理事務所。

こちらでダムカードが貰えます。

      20160831亀山ダム18

先に訪問した片倉ダムと亀山ダムの2枚のダムカードを貰う予定が
何と3枚。むむむっ...............?(川平 慈英じゃありません。)

木更津市のダムカードも貰っちゃいました...............って、まだ行って無いし!(笑)。
こりゃ、行くしか無いでしょう!!(笑)。



こちらが、亀山ダムのダムカード。

      20160831亀山ダム19


      20160831亀山ダム20




これで、ダムカードも14枚集まりました。
一枚、また一枚と増えていくのが楽しみになりました。






関連記事
スポンサーサイト
2016/09/24 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit