10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

び・び・びのびいすけ

清水渓流広場  (2016年8月31日)(千葉県君津市) 

8月31日 公休日

この日は、千葉県内(房総半島)のダム巡りに出かけました。

笹川湖展望台をあとにして向かった先は...............清水渓流広場

君津市にある片倉ダムの近くにある清水渓流広場。
片倉ダム(笹川湖)に来る機会があったら、ぜひ訪れたい場所でした。

笹川湖周辺の公園の一部に当たるのでしょうか?
『笹川湖畔公園(清水渓流)』と記された標柱が建っています。

      20160831清水渓流広場01


この清水渓流広場は、最近注目されているスポットで
来訪者も増えているらしい。
勿論、私も目的は一緒。
世の中、考えるのは皆同じようで、
平日だと言うのに、正規の駐車場は満車。
少し離れていますが、道路脇の第2駐車場(臨時仮設)も満車。
さらに、離れた場所にある第3駐車場(臨時仮設)に停める事が出来ました。


当然、ワンちゃん連れも多いようで、こんな張り紙を何枚も見かけました。

      20160831清水渓流広場02


      20160831清水渓流広場03

まぁ、既に2頭のワンちゃんとすれ違っているし...............(笑)。



まずは、案内板でチェック。

      20160831清水渓流広場04


順路は逆コースになりますが...............
( 順路があるなんて知らなかった。)

      20160831清水渓流広場05


渓谷沿い(?)の木道を進んで行きます。

      20160831清水渓流広場06


渓谷かと思っていたら、実は昔の川跡でした。

      20160831清水渓流広場07



房総半島独特の耕地の仕方である『川廻し』で
残された跡のようです。

現在は、水生植物を植えたりして、蛍が住みやすい環境にしているようです。

      20160831清水渓流広場08


      20160831清水渓流広場09



最たる目的地に着きました。


いきなり、こんな張り紙。

      20160831清水渓流広場10

『ヤマビルに注意!』って...............
ここにも居るの?


ヤマビルどころか、観光客がいっぱい。

      20160831清水渓流広場11


子供もいっぱい。

      20160831清水渓流広場12



確かに、川に入って遊んでいる...............

      20160831清水渓流広場13



『 びいすけ〜! 犬は川に入っちゃダメなんだって...............』

      20160831清水渓流広場14

ちょっとの間、そこでおとなしくしていてね〜!




急いで、靴を脱いで...............

靴下も脱いで...............

ヤマビルが居ないのを確認して...............

首からぶら下げたデジカメを構えます。


パシャ☆。

      20160831清水渓流広場15



これが見たかったのです。


      20160831清水渓流広場16


ネットで紹介され、超有名になった『濃溝の滝』

      20160831清水渓流広場17


実は、この『濃溝の滝』は天然の滝ではありません。
350年程前の昔、ここの山間を房総方面に向けて道路の整備をする際に、
川廻しの工事が行われ、そのときに削られた岩盤の洞窟内の高低差が滝になったのが
『濃溝の滝』になります。

滝の定義からいくと、滝と呼ぶには難しいかも知れないけれど、
周りも滝として認知しているようだし、もう『濃溝の滝』として売り出しちゃっているから
今さら、滝じゃ無いなんて言えないよね?(笑)。


時間帯によって、洞窟内に陽が射したり、射さなかったりするけれど
運良く多少の光が洞窟内に射し込んでいたから、ラッキーでした。

朝時間帯を狙えば、あの奇跡の一枚のような写真が撮れるのかな?





とにかく人が多いから、むやみに吠えはしないけれど
びいすけ から離れていると、いつ吠え出すか分からないから、早々に撤収。

清水渓流広場の散策路を再び歩きます。

散策路を上り、ちょっとした高台から
先ほどの『濃溝の滝』を眺めてみます。

      20160831清水渓流広場18

茂った木々で洞窟が隠れ、まるで天然の滝のように見えなくもない。


さらに先を進めば、こんなモノが...............

      20160831清水渓流広場19



『幸福の鐘』

      20160831清水渓流広場20

『濃溝の滝』が有名になる前までは、
この鐘が清水渓流広場のランドマークだったようです。



鐘の脇から、『濃溝の滝』が見えたりします。

      20160831清水渓流広場21

おそらく、そんなことも考えて、この場所に鐘を設置したのでしょう。



改めて、望遠280mmで『濃溝の滝』をズームアップ。

      20160831清水渓流広場22



清水渓流(渓谷)を眼下に眺めながら、散策路を歩き駐車場へと向かいます。


すると、こんな案内。


幻の滝『セイナザの滝』

      20160831清水渓流広場23



飾られた写真の方角を目を凝らして見てみるけれど
イマイチよく分からない。

      20160831清水渓流広場24



確かに、水の流れが肉眼では見えるのだけど
カメラに収めようとしても、上手く写らない。

      20160831清水渓流広場25

なかなか良く見えない所が、まぼろしの滝と言われる所以なのかな?(笑)



さらに先へと進むと、(正規の順路では戻る形になります)
『農溝の滝』。

      20160831清水渓流広場26

読みは『のうみぞのたき』...............
あれ?
全く読みが一緒。
『濃溝の滝』と『農溝の滝』。
『氵』が有るか無い可能性違い。
思いっきり紛らわしい。

その紛らわしい『農溝の滝』はこちら。

      20160831清水渓流広場27


      20160831清水渓流広場28

上からじゃ良く見えないし、木が邪魔だし、
滝っぽく見えないし...............。


『濃溝の滝』の辺りから、川に降りられるから
清水渓流(渓谷)を川沿いに歩いて見るのもアリかもしれないなぁ。



関連記事
スポンサーサイト
2016/09/23 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit