06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

び・び・びのびいすけ

かながわの景勝50選 《 嵐山からの相模湖 》 (2016年8月23日)(神奈川県相模原市) 

8月23日 公休日

この日は、神奈川県の相模湖周辺に出かけました。

相模ダムの管理事務所を探している時に
こんな石碑を見つけちゃいました。

      20160823嵐山からの相模湖01



えっ!
これって、『かながわの景勝 50選』の碑じゃん。
『嵐山からの相模湖』って、こんな所に在ったの?
実は、『かながわの景勝50選』も秘かに追いかけていて
いつかは制覇してみたいと思っています。
思わぬ駄賃。素通りは出来ません。

      20160823嵐山からの相模湖02


とりあえず、周辺をチェック。

かながわの景勝50選の碑の脇には、産霊宮水上神社参道と記された社号標。

      20160823嵐山からの相模湖03


県道を挟んだ反対側には四阿。

      20160823嵐山からの相模湖04


四阿の手前にはモニュメント。

      20160823嵐山からの相模湖05



相模湖には似合わないタイトル(笑)。

      20160823嵐山からの相模湖06

ちょっとした休憩スポットでもあるようです。



先ほどの産霊宮水上神社参道が、嵐山の登山口(登山道)のようです。

      20160823嵐山からの相模湖07


嵐山まで、0.8km。
そんなに距離は無さそうです...............

実は、これがとんでもない思い違い。
平坦路の0.8kmなら苦でもないけれど、
山道の(それも傾斜度のある)0.8kmは半端なく辛い。

そんなことも知らず、 びいすけ のリードを持って
嵐山へと向かいます。

      20160823嵐山からの相模湖08


って言うか、びいすけ に引っ張られながら嵐山の登山道を登って行きます。

      20160823嵐山からの相模湖09


10分も山道を登って行くと、普段の運動不足のためか?
はたまた、単なる歳を取ったからなのか?
やたらと息があがり、額からは玉のような汗が流れ落ちます。

      20160823嵐山からの相模湖10


多分20分近く掛かったんじゃなかろうか?
やっとの思いで、嵐山頂上に到着。

      20160823嵐山からの相模湖11


ベンチと言うか、テーブル席のある辺りが景勝ポイントのようです。

      20160823嵐山からの相模湖12

なぜか、テーブルがあるのに、座席(ベンチ)が無い。



嵐山の標柱から眺める相模湖。

      20160823嵐山からの相模湖13

標高405.9mからの視界。
確かに相模湖がよく見えます。



この景色が『かながわの景勝50選』に選ばれているんですね。

      20160823嵐山からの相模湖14


ちなみに、ここからの眺めは
『相模湖八景』『やまなみ五湖 水のある風景36選』にも
選ばれているようです。

      20160823嵐山からの相模湖15


      20160823嵐山からの相模湖16


      20160823嵐山からの相模湖17



山頂は平坦地。おそらく削平地。
神社を建てるために削平されたのでしょう。
戦国時代の烽火台跡があると言うことですが
残念ながら見つけることが出来ませんでした。
探し方が悪かったのかなぁ?


こちらが、産霊宮水上神社。

      20160823嵐山からの相模湖18


思っていたよりも小さな祠。

      20160823嵐山からの相模湖19


      20160823嵐山からの相模湖20

小さい神社ですが願い事を叶える霊力は格別と言われ、
特に縁結びに御利益があると言われているそうです。


汗が引いたところで、下山です。

      20160823嵐山からの相模湖21


前日の台風で、少し(いや、かなり)滑りやすくなっている下りの山道。
先を行きたがる びいすけ をなだめすかして
ゆっくりと下山しました。

思っていたよりもハードだった嵐山。
後で調べたら、やっぱり神社のあった削平地が嵐山城址(烽火台跡)だったらしい。
戦国時代の北条氏の築井城の烽火台ネットワークの一つ。
甲斐・武田氏の侵攻に備える拠点でもあったようです。

う〜む、事前に知っていれば...............

もっと、じっくり頂上に居たのになぁ.............。






関連記事
スポンサーサイト
2016/09/09 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit