10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

び・び・びのびいすけ

ダムカードを集めよう  《 石小屋ダム 》 (2016年8月12日)(神奈川県愛甲郡愛川町) 

8月12日 公休日

午前中に病院へ行き、午後からはぽっかり時間が空いた休日。

本当は、病院が終わったら、千葉の自宅へ帰るつもりだったけど
実家のある団地がお盆休み用に敷地内に来客用の駐車場を仮設している。
8月15日まで、その仮設駐車場が利用出来るので、駅近くのコインパーキングを利用しなくても良い。
これって、すごく魅力的。
なんと言っても無料だし(笑)
8月15日まで びいすけ共々、実家に居候することになりました。

幸い(?)にも曇り空。
直射日光さえ無ければ、びいすけ を連れての外出も可能。
ってことで、宮ヶ瀬方面へと足を伸ばしました。

向かった先は...............石小屋ダム


まぁ、石小屋ダムは付録的なモノですが
一応、ダムカードも発行している事だし
じっくりと見学してみましょう。


石小屋ダムは、宮ヶ瀬ダムの下流0.8kmの位置に建設された重力式コンクリートダムです。
石小屋ダムのある辺りには、かつては美しい中津川渓谷が続いていたそうです。
正式には、宮ヶ瀬副ダムと言うことですが、石小屋ダムには、旧中津川渓谷を模したデザインを施し、当時の面影を伝えるとともに、周囲の自然景観に馴染むように配慮されています。

その石小屋ダムですが、実は3つの目的をもっています。

1. 愛川第1発電所の逆調整池
宮ヶ瀬ダムにある愛川第1発電所は、電力需要にあわせて対応できるピーク式発電をおこなっています。
そのため、宮ヶ瀬ダムの発電放流時とそうでない場合で放流量の変動が大きく、
そのままでは下流の中津川の水位が不安定になってしまいます。
そこで石小屋ダムでは、発電放流した水を一旦貯めて、中津川への安定した放流をおこなっています。
すなわち、宮ヶ瀬副ダムと言われる由縁がここにあります。

2. 津久井導水のための水位確保
宮ヶ瀬ダムの水を城山ダムに送るための津久井導水路の入口(呑口)が
石小屋ダムの上流にありますので、導水のための水位を確保します。


3. 宮ヶ瀬ダムの放流水の減勢
国内有数の高さを持つ宮ヶ瀬ダムからの放流水は、膨大な水のエネルギーを発生させます。
石小屋ダムでは、水の勢いを弱める減勢池としての役割も持っています。
また、下流の中津川の河川維持用水など必要な水量を安定的に放流していますので、
愛川第2発電所ではその放流水を利用して、24時間連続運転による発電をおこなっています。


なるほど、石小屋ダムって色々と存在意義があるんですね。




あいかわ公園の駐車場に車を停めて、公園内の遊歩道を歩きながら
石小屋ダムを目指します。
平日は無料のはずの駐車場ですが、お盆休み期間と言うことで
しっかり500円徴収されてしまいました。



遊歩道から眺める石小屋ダム。

      20160712石小屋ダム01


あいかわ公園の遊歩道に建っている石碑。

      20160712石小屋ダ02

『石小屋堰堤』と刻まれています。
昭和二十七年三月竣功とあるから、
石小屋ダムと宮ヶ瀬ダムが出来る(平成12年)前に、
石小屋ダムの前身に当たる堰堤がこの場所にあったらしい




こちらは、『半原渓谷 石小屋』と書かれた石碑。
昭和10年に横濱貿易新報社(現在の神奈川新聞社)が建てたモノ。
県下名勝史跡四十五佳選当選記念と書かれています。

名勝45地は、横浜貿易新報社が、創立45周年の記念行事として一般から募集して、
その得票数で選定されたそうです。
要は、『かながわの景勝50選』みたいなモノですね。

その昔、この地に「石小屋」と呼ばれる、石が折り重なったようなところがあり、
そこを舟人が休憩所として使っていたそうです。

      20160712石小屋ダム03



さらに先に進めは、石小屋ダムの石碑。

      20160712石小屋ダム04



石碑の裏から眺める石小屋ダム。

      20160712石小屋ダム05



石小屋ダムで堰き止められて出来たのが石小屋湖。

      20160712石小屋ダム06



こちらが、石小屋湖。

      20160712石小屋ダム08



知らなかったのですが、ダムの上部の一番高い部分を『天端』(てんば)と言うらしい。

天端に掲げられた、看板。

      20160712石小屋ダム07

宮ヶ瀬副ダムと記されていますが、石小屋ダムの方がカッコいい。



天端から見下ろす、石小屋ダムの下部。

      20160712石小屋ダム10


      20160712石小屋ダム12  
 


天端を渡りきり、逆方向から石小屋ダムを眺めてみます。

      20160712石小屋ダム09


     


      20160712石小屋ダム11


      

こちらが、目的のダムカード。

      20160712石小屋ダム13


      20160712石小屋ダム14


上流の宮ヶ瀬ダムと同じ配布場所である、
『宮ヶ瀬ダム 水とエネルギー館』で配布されています。


これで、ダムカードは6枚目ゲット。

益々、ダムカード集めにハマりそうです(笑)




関連記事
スポンサーサイト
2016/09/02 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit