04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

び・び・びのびいすけ

びいすけとお父さんと時々もっちゃん

佐倉ふるさと広場の向日葵(?)   (2016年7月26日) 

7月26日 公休日

通勤に京成電鉄を利用しています。

毎朝、電車の車窓越しに佐倉ふるさと広場に咲いている向日葵を見ていました。

確かにこの時点では、梅雨はまだ開けていないけれど
向日葵って言ったら夏の花。
北総のドッグランの帰り道、ちょっぴり足を伸ばして
ふるさと広場の向日葵を堪能してこよう...............

そんな思いで、佐倉ふるさと広場に向かいました。



ふるさと広場って言ったら、
何は無くても風車です。

      20160726ふるさと広場01

この風車が目的で訪れる人も多い(...............はず?)。



何て言ったって、『オランダ風車 リーフデ』ですからね。

      20160726ふるさと広場02


この風車は平成6年の春、佐倉市制40周年の記念として佐倉ふるさと広場に誕生しました。
風車はメカニズム部分をオランダで製造し、オランダ人技師により建設されました。
名称は、日蘭交流の幕開けとなったオランダ船リーフデ号にちなみ、
リーフデ《友愛》”De Liefde”と命名されました。
リーフデは、佐倉ふるさと広場のランドマークとして、また日蘭親善のシンボルとして建設されました。

《友愛》により末長くふるさとづくりと、国際親善の一翼を担ってくれることを期待して...............。

      20160726ふるさと広場03



ところが...............
2〜3日前まで風車の前でいっぱい咲いていたしましょう向日葵が無い。

      20160726ふるさと広場04



どうやら、7月23日、24日に花摘みと称して
向日葵の花が摘みとられてしまったようです。

      20160726ふるさと広場05

本当に2日とか3日前の出来事だったようです。



無残。

      20160726ふるさと広場06



花が無くなった向日葵は茎と葉っぱだけになり
重機で根っこごと掘り起こされて廃棄状態となっています。

      20160726ふるさと広場07


2tダンプに乗せられて廃棄処分。

      20160726ふるさと広場08



いゃあ、遅かったか...............。


摘み取られずに、刈り取られずに残った向日葵も
黄色い花びらが無くなり、種(?)

      20160726ふるさと広場09

ひょっとして、もう向日葵の時期は終わっちゃったの?



しかし神はまだまだ、私と びいすけ を見捨てません。
諦めた向日葵が、この一画に咲き残っています。

      20160726ふるさと広場10


      20160726ふるさと広場11


      20160726ふるさと広場12



いっぱい咲いているように見えますが
本当にこの一画だけ。

      20160726ふるさと広場13


カメラの順番待ちも大変だったりして(笑)。

      20160726ふるさと広場14


      20160726ふるさと広場15


      20160726ふるさと広場16



とりあえず、向日葵と風車をバックに びいすけ をカメラに収めることが出来ました。
ラベンダーもちょっと時期を外しちゃったし、向日葵も同様っぽい。

考えたら、8月6日に佐倉の花火大会があって
会場は、このふるさと広場。
枡席も区画して販売するから、向日葵も急きょ刈り取らざるを得なかったのだろう。


花火大会にふるさと広場に来るのは無理っぽいから
次は、秋桜の時期に来ることにしよう...............。




関連記事
スポンサーサイト
2016/08/23 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit