06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

び・び・びのびいすけ

廃校を訪ねて...............西浦西小学校 (2016年7月14日)(静岡県沼津市) 

7月14日 公休日

7月14日〜15日。1泊2日で伊豆に出かけました。

静浦東小学校をあとにして、向かった先は...............

明治6年     内浦小学校が開校し、江梨に支校を設置。
明治14年    江梨支校が江梨小学校として独立する
明治37年    内浦小学校が西浦村立西浦尋常高等小学校と改称し
          江梨小学校は江梨分校となる。
昭和22年     学制改革により西浦村立西浦小学校江梨分校と改称する。
昭和30年    西浦村が沼津市と合併。
          沼津市立西浦小学校江梨分校は独立。
          沼津市立西浦西小学校と改称する。
昭和46年    西浦小学校に統合され、西浦西小学校は廃校となる。


と、このような沿革となっています。
(西浦小学校のHPの沿革から抜粋しています。) 



実は、この西浦西小学校も情報が少なく
何処に在るのかも分かりませんでした。
以前、江梨分校と呼んでいたのをヒントに
江梨公民館が廃校跡ではないかと当たりを付け、
江梨公民館近くで、地元の方に尋ねたら、
公民館近くのグランドが廃校跡でした。



江梨バス停近くにある小さなグランド(空き地)が廃校跡です。

      20160714西浦西小学校01



こちらが、西浦西小学校の跡地。
三津から大瀬崎へと結ぶ(さらには戸田へと続いている)県道17号沿いにあります。

      0160714西浦西小学校02



地元の方の話では、大きな銀杏の木があると言っていた。

      0160714西浦西小学校03



こちらが、その銀杏の木ですね。

      0160714西浦西小学校04



まさに、シンボルツリーですね。

      0160714西浦西小学校05



銀杏の木の下には、求めていた石碑。

      0160714西浦西小学校06


      0160714西浦西小学校07



『江梨小学校跡』と記されています。

      0160714西浦西小学校08

廃校時の『西浦西小学校跡』とせずに
『江梨小学校跡』としているのは、地元の方々のこだわりでしょうか?
『江梨』と言う地名に意義があるのでしょう。

確かに、地元の方は『分校、分校』って言っていたから
西浦西小学校よりは『江梨分校』の方が馴染みが深いのかもしれない。



敷地そのものは、そんなに広くは無い。

      0160714西浦西小学校09

ちょっとした小学校の校庭よりも総敷地は狭いでしょう。






遊具類が有りますが、はたして廃校時のモノなのか?

      0160714西浦西小学校10


      0160714西浦西小学校11


      0160714西浦西小学校12




枝と言うか、幹の一部も切り落とされた桜の木。

      0160714西浦西小学校13

この桜もシンボルツリーの一つだったんじゃ無いかな?


残念ながら、二ノ宮像は見つかりませんでした。


駿河湾を挟んで沼津市街地との対岸。
古くは西浦村と称し、伊豆半島の景勝地『大瀬崎』の近く。
こんな所(失礼)にも、明治6年に学校が出来たとは...............
明治新政府の力は凄かったんだなぁ...............。




関連記事
スポンサーサイト
2016/08/03 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit