08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

び・び・びのびいすけ

廃校を訪ねて.............武田小学校 (2016年7月1日)(茨城県行方市) 

7月1日  公休日

この日は、茨城県の潮来市と行方市に出かけました。

小幡城址をあとにしては、向かった先は...............行方市立武田小学校



武田小学校は

明治13年         武田小学校創立
明治16年         内宿小学校と併合して中城小学校と改称する。
明治19年         近隣の七校を併合して両宿尋常小学校と改称する。
明治22年         武田尋常小学校と改称する。
明治25年         小貫、三和の分教場が独立。武田第一尋常小学校と改称する。
明治29年         武田尋常高等小学校と改称する。
昭和22年         学制改革により、武田村立武田小学校と改称する。
昭和30年         要村、武田村、津澄村が合併して北浦村となる。
               北浦村立新城小学校と改称する。
昭和55年         北浦村立武田小学校と改称する
平成9年          北浦村が町制施行により北浦町となり
               北浦町立武田小学校と改称する。
平成17年         麻生町、玉造町、北浦町が合併して行方市となり、
               行方市立武田小学校と改称する。
平成24年         小貫小学校、三和小学校を統合する。
平成28年         要小学校、武田小学校、津澄小学校が合併して新たに北浦小学校が開校。
               武田小学校は廃校となる。



地域の避難場所となっている武田小学校。

      20160701武田小学校01



正門脇のフェンスには、横断幕。

      20160701武田小学校02



正門前には違法駐車のトラックがいて写真が撮れず
校庭側の通用門前にて。

      20160701武田小学校03


門扉に、割菱のマーク。
まさしく、甲斐武田氏の流れを汲む武田氏の地。
甲斐守護十三代武田信満の弟信久は、応永23(1416)年の上杉禅秀の乱に敗れ、
甲斐から北浦の武井郷に逃れました。信久の子孫が居住地を武田郷と改称し、
以後九代武田信房が佐竹義宣に敗れるまでの174年間この地を統治したそうです。

武田小学校の武田とは、武田信玄で有名な甲斐武田氏の流れを汲むものです。


表札はまだまだ光輝いています。

      20160701武田小学校04




こちらが校舎。

      20160701武田小学校05



校舎正面玄関。

      20160701武田小学校06



玄関庇には武田小学校の校章。

      20160701武田小学校07

割菱に小、まさに武田の地の小学校。


こちらは体育館。

      20160701武田小学校08


校舎前の石碑群。

      20160701武田小学校09



武田小学校の校歌の碑。

      20160701武田小学校10



武田小学校校訓の碑。

      20160701武田小学校12



裏面には沿革が刻まれています。

      20160701武田小学校11


残念ながら、廃校記念碑は見当たりませんでした。


     
そして、こちらは二ノ宮像。

      20160701武田小学校13


      20160701武田小学校14



武田小学校の緯度・経度の標柱。

      20160701武田小学校15

茨城県や山梨県の小学校では、意外に緯度・経度を表記する学校が多い。



広い校庭。

      20160701武田小学校16


      20160701武田小学校17



びいすけ も気持ち良さそうに徘徊。

      20160701武田小学校18


      20160701武田小学校19



広い校庭には、遊具類も多い。

      20160701武田小学校20


      20160701武田小学校21


      20160701武田小学校22


      20160701武田小学校23


      20160701武田小学校24


      20160701武田小学校25


      20160701武田小学校26


      20160701武田小学校27




平成17年に麻生町、玉造町、北浦町が合併して誕生した行方市。
行方市発足時には18校在った小学校が、平成24年に4校が廃校となり、
平成25年に4校が廃校となり、平成26年に5校が廃校となり、
平成28年に3校が廃校となりました。
統合校として新たに3校が開校しましたが、結果的には4校になってしまいました。

旧・麻生町域に在った小学校が7校から2校になり、
旧・玉造町域に在った小学校が6校から1校になり、
旧・北浦町域に在った小学校が5校から1校になりました。

平成24年から始まった行方市の小学校の統廃合。
一応、これで終わりのようですが、
果たして平成の大合併は結果的に良かったのでしょうか...............?




関連記事
スポンサーサイト
2016/07/25 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit