08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

び・び・びのびいすけ

手作りに挑戦..............................犬服作り 第78作目 (2016年6月25日) 

6月25日  公休日

この日は午後から犬服作り。


1着作り終え、タバコを一服。
満足感に満たされ、テンションもハイ。
勢いに任せて、そのままこの日2着目の犬服作りに突入。


犬服作り、その第78作目にチャレンジです。


今回は、こちらのTシャツを びいすけ のタンクトップにリメイクしてみます。

      犬服7801


いつものように、ハサミを使って大胆に解体。
そして、生地取りへとなります。

先ずは、後ろ身頃から。
今回は、イラストが要。
イラスト部分が後ろ身頃の中心に配置されるように生地取りします。

型紙をマチ針で固定して、チャコでマーキング。

      犬服7802

チャコのマーキングに合わせて、ローリングカッターで裁断します。



続いて、前身頃。

同じように、型紙を当ててチャコでマーキング。

      犬服7803

チャコのマーキングに合わせて、ローリングカッターで裁断します。



生地取りも無事完了。

      犬服7804



こちらが、後ろ身頃。

      犬服7805

イラストもセンターにバッチリ。


こちらが前身頃。

      犬服7806

こうやってみると、タンクトップってパーツが少ない。


それでは、ミシン作業に入ります。

前身頃と後ろ身頃を縫い合わせて、身頃にします。
脇部分を合わせて、直線縫いでカタカタカタ。

      犬服7807


ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      犬服7808



続いて、肩の部分を合わせて、直線縫いでカタカタカタ。

      犬服7809



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      犬服7810


前身頃と後ろ身頃の縫い合わせ完了。

身頃になれば、ほぼ形も出来上がり。

      犬服7811



一応、確認も兼ねて びいすけ の仮試着。

      犬服7812

サイズも問題無さそうです。


続いての作業はリブ作り。

今回は、ベージュのリブにしてみましょう。

      犬服7813



リブ幅は6cmで裁断します。
襟口は16.5cnだから15cmでカットします。
袖口は14cmだから12.5cmにカットします。
裾周りは31cmだから25cmでカットします。

      犬服7814


各寸法にカットしたリブ生地の端を縫い合わせて『輪っか』を作ります。

      犬服7815



端を縫い合わせて、半分に折り曲げれば、
リブのパーツの完成です。

      犬服7816



それでは、リブ付けに移りましょう。

先ずは、襟口のリブ付け。
直線縫いでカタカタカタ。

      犬服7818
      



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      犬服7819



続いて、袖ぐりのリブ付け。

直線縫いでカタカタカタ。

      犬服7820



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      犬服7821



襟口と袖ぐりのリブ付け完了。

      犬服7822

完成までもう少し。


残りの作業は、裾周りのリブ付け。

リブを引っ張りながら、身頃にマチ針で固定。
リブを引っ張りながら、直線縫いでカタカタカタ。

      犬服7823



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      犬服7824



全てのリブ付け完了。

      犬服7825

と言うことは、ほぼ完成となります。


出来上がりは、こんな感じです。

      犬服7826


      犬服7827


      犬服7828



さっそく、 びいすけ に試着してもらいましょう。

      犬服7829


      犬服7830


      犬服7831



意外に横方向に伸び難い生地だから、ジャストフィット?
(ちょっぴり、パンパンかな?)
同じ型紙を使っても生地の種類(伸縮性)によって
仕上がりが変わってきます。

リブがキュッと絞られてちょっぴり満足。
まぁ、これはこれで良しといたしましょう。

と言うことで、犬服作り、その第78作目。
これにて完成です!!





関連記事
スポンサーサイト
2016/07/08 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit