10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

び・び・びのびいすけ

手作りに挑戦..............................犬服作り 第74作目 (2016年6月22日) 

6月22日

この日は平日(平日と言うか、出勤日)ですが、
なぜか仕事から帰って来て、ちょっぴり落ち着いた21時半頃から
いきなり犬服作りにチャレンジです。


今回は、着古したトレーナーを びいすけ のラグラン袖の服にリメイクします。

事前に解体していたので、いきなりの生地の裁断です。
(解体前にトレーナーの写真を撮っていたのですが、画像が紛失?)


先ずは、後ろ身頃の採寸です。

型紙を当てて、マチ針で固定します。
型紙に沿ってチャコでマーキング。

      犬服7401

チャコのマーキングに合わせて、ローリングカッターで裁断します。


続いて、前身頃。
同じ様に、型紙を当ててチャコでマーキング。

      犬服7402

チャコのマーキングに合わせてローリングカッターで裁断します。



同じように両袖も裁断します。

      犬服7403



生地取りも無事完了。

      犬服7404


型紙を外して、広げてみます。

こちらが、後ろ身頃。

      犬服7405



こちらが、前身頃と両袖。

      犬服7406




それでは、ミシン作業に入りましょう。

先ずは、前身頃と後ろ身頃を縫い合わせて、身頃にします。
脇の部分を合わせて、直線縫いでカタカタカタ。

      犬服7407



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      犬服7408



続いて、袖作り。

袖用の生地の端を縫い合わせて筒状にします。
直線縫いでカタカタカタ。

      犬服7409



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      犬服7410



続いて、袖を身頃に縫い付けます。

直線縫いでカタカタカタ。

      犬服7411



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      犬服7412


身頃に袖の縫い付け完了。

      犬服7413

これで、ほぼ犬服の形は出来上がり。


確認のため、びいすけ に仮試着。

      犬服7414


裏起毛のトレーナーからのリメイクだから、横方向の伸びがイマイチ。
確かに裏起毛のトレーナーは伸縮性に欠けるから、サイズ合わせが大変かも?

でも売り物じゃないし、あくまでも個人の趣味の領域だから
細い寸法には拘りません(笑)。



次なる工程はリブ作り。

今回は、同系色のグレーのリブを使いましょう。

      犬服7415




リブ幅は6cmで裁断します。
襟口は18cnだから16cmでカットします。
袖口は10cmだから9cmにカットします。
裾周りは36cmだから29cmでカットします。

      犬服7416



リブ生地の端を縫い合わせて『輪っか』を作ります。

      犬服7417



『輪っか』も完成。

      犬服7418



それでは、リブの縫い付けに入りましょう。

先ずは、襟口のリブの縫い付けです。
直線縫いでカタカタカタ。

      犬服7419



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      犬服7420



続いて、袖口のリブ付けです。
直線縫いでカタカタカタ。

      犬服7421



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      犬服7422



襟口と袖のリブ付け完了。

      犬服7423

残すは裾周りのリブ付け。


一気に仕上げちゃいましょう。

直線縫いでカタカタカタ。

      犬服7424



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      犬服7425



これでリブ付けも完了。

      犬服7426

一応、これで完成となります。


出来上がりは、こんな感じ。

      犬服7427


      犬服7428


      犬服7429



びいすけ に試着してもらいましょう。

      犬服7430


      犬服7431


      犬服7432



着古して、襟のリブがダラ〜んと伸びてしまったトレーナー。
何とか びいすけ の服にリメイク出来ました。

犬服作り、その第74作目。
これにて完成です。






関連記事
スポンサーサイト
2016/07/04 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit