06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

び・び・びのびいすけ

廃校を訪ねて...............上三原小学校 (2016年5月18日)(千葉県南房総市) 

5月18日 公休日

この日は、房総半島南部の鋸南町・南房総市の廃校巡りに出かけました。


北三原小学校をあとにして、向かった先は...............旧・和田町立 上三原小学校


上三原小学校は、

明治11年      黒岩小学校附属上三原小学校開校
明治15年      黒岩小学校から独立して上三原小学校となる
明治19年      上三原尋常小学校と改称する。
明治22年      黒岩尋常小学校、小川尋常小学校と上三原尋常小学校が統合して
           北三原尋常小学校が開校。
           北三原尋常小学校山入分校となる。
明治25年      北三原尋常小学校から独立して山入尋常小学校と改称する。
明治31年      上三原尋常小学校と改称する
昭和22年      学制改革により北三原村立上三原小学校と改称する。
昭和30年      北三原村と和田町が合併して和田町となる。
          和田町立上三原小学校と改称する。
平成7年       北三原小学校に統合され廃校となる.

と、このような沿革となっているようです


北三原小学校の在った南房総市の黒岩地区から、さらに山あいへと車を走らせます。
旧・和田町の最北部、上三原地区の『自然の宿 くすの木』を目指します。

上三原小学校は廃校後の平成9年に、当時の和田町が町営の体験交流施設として
『自然の宿くすの木』として建物と土地を利用しています。




こちらが上三原小学校の正門

      20160518滝田小学校01


      20160518滝田小学校02



門柱は、古い石造り。
当然、往時の門柱です。

      20160518滝田小学校03


表札はも往時のモノ。
ただし、消されてしまったのか?
はたまた、長い年月で掠れてしまったのか?
はっきりとは読めませんが、かすかに上三原小学校と書かれていたのが判ります。

      20160518滝田小学校04



門柱の裏面には、皇紀2600年建立とあります。
すなわち、昭和15年に建立されたモノのようです。

      20160518滝田小学校05



正門脇には、石碑類が並びます。

      20160518滝田小学校06



校歌の碑。

      20160518滝田小学校07



こちらは、創立百十二年の碑。

      20160518滝田小学校08

百十二年って、なぜか中途半端。
キリの良い百周年の時になぜ建てなかったんだろう?


正門をくぐって敷地内に入ります。
校庭の端に鳥居があるようです。

      20160518滝田小学校09


実は、上三原小学校の敷地内に神社(山天宮)があります。

      20160518滝田小学校10


そして、その山天宮の本殿の脇には、大きなクスノキがらあります。

      20160518滝田小学校11

安房地方では最大と言われるクスノキだそうです。



こちらが、そのクスノキ。

      20160518滝田小学校12


確かに、幹周りはかなり太い。

      20160518滝田小学校13



上三原小学校に戻りましょう。

こちらが校庭。

      20160518滝田小学校17


      20160518滝田小学校14

現在は、『自然の宿くすの木』と言う市営の宿泊設備となっています。


学校の雰囲気を残すために建て替えられた宿舎も
一見、校舎のように見えたりします。

      20160518滝田小学校15


『自然の宿くすの木』の職員の方に話を伺ったら
上三原小学校の講堂を宿舎の一部に流用しているそうです。

こちらが、その講堂。

      20160518滝田小学校16


     

校庭の端に古びた石碑がありますが、碑文が読めません。

      20160518滝田小学校18



上三原小学校のモノなのか?
はたまた、神社に関するモノなのか?

      20160518滝田小学校19



校庭に残る遊具類は、往時のモノらしい。

      20160518滝田小学校20


      20160518滝田小学校21



この木製の的にボールを投げて遊んでいたのでしょう。

      20160518滝田小学校22


ちょっとした高台にある上三原小学校。

往時の講堂の壁には、『自然の宿くすの木』の文字。

      20160518滝田小学校23


山奥の廃校の有効利用とも言える上三原小学校。
廃校後、宿泊設備となった廃校は数多くあるけれど
多くの宿泊設備がその後廃業している例が多い中、
この上三原小学校は、20年近く営業を続けていると言うことは
公共の宿泊設備(?)と言えども、成功している例になるみたいです。
このまま、いつまでもその姿を残していって欲しいモノです。








関連記事
スポンサーサイト
2016/06/13 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit