08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

び・び・びのびいすけ

廃校を訪ねて...............国府小学校 (2016年5月18日)(千葉県南房総市) 

5月18日 公休日

この日は、房総半島南部の鋸南町・南房総市の廃校巡りに出かけました。

滝田小学校をあとにして、向かった先は...............旧・三芳村立 国府小学校


国府小学校の在ったこの地区は、南房総市の旧・三芳村域。
かつて三芳村には3つの小学校が在りましたが、いずれも統合して
1つの小学校に集約してしまいました。
それは、今から44年前のことになります。



国府小学校は、

明治6年      谷向学校創立。
         本織学校創立。
明治20年      両校が統合して菁莪尋常小学校となる。
明治31年     高等科を併設して菁莪尋常高等小学校となる。
昭和22年     学制改革により国府村立国府小学校と改称する。
昭和28年     稻都村、国府村滝田村が合併して三芳村となる。
         三芳村立国府小学校と改称する。
昭和47年     稻都小学校、国府小学校、滝田小学校が統合して三芳小学校が開校。
         国府小学校は廃校となる

と、このような沿革になっているようです。


実は、この国府小学校。
昭和47年に廃校になったことはネットで知り得ていましたが
場所がどこに在ったのか? 情報が乏しくて
正直、この日まで訪問は諦めていました。
滝田小学校のすぐ近くに住むご婦人に色々と話を伺ったら
国府小学校卒業だと言うことで、詳しい場所を教えて頂き、
何とか辿り着く事が出来ました。

とは、言っても旧・三芳村の中心街から旧・和田町へと向かう県道296沿いにあるので
ひょっとしたら、自力で見つけられたかも...............?
でも、先ほどのご婦人に色々と情報を頂いたのが正解です。


こちらが、国府小学校の正門跡。

      20160518国府小学校01


県道296沿いにあります。


既に、表札は外され(44年前だから当たり前か?)
白いプレートが埋め込まれています。

      20160518国府小学校02

実は、この国府小学校は廃校後、跡地に三芳幼稚園として利用されていたようです。
その三芳幼稚園も数年前に移転してしまい、現在はそのままに状態となっています。
中国系の企業(工場?)に貸し出しすると言う話もあったようですが
あくまでも噂の域の話で、いつの間にかその噂むも無くなったようです。
この辺りの話は、やはり地元の人に訊かないとわかりませんね。




広い校庭。

      20160518国府小学校03


敷地には、体育館と、幼稚園時代の名残りの建物。

      20160518国府小学校04



無造作に置かれた石碑と門柱。

      20160518国府小学校05



おそらく、国府小学校の正門の門柱でしょう。

      20160518国府小学校06



そして、こちらがお目当の石碑。

      20160518国府小学校08



碑文は、『国府小学校跡』。

      20160518国府小学校07


簡単ながら、沿革も記されています。

      20160518国府小学校15





残念ながら校庭には遊具類も無く、興味を引く遺構はこの2点。



敷地内に残るプレハブ残る建物には『まほろば児童クラブ』の文字が確認出来ます。

      20160518国府小学校09


一目で体育館と判る建物も三芳幼稚園の施設として活用されていたのでしょうか?

      20160518国府小学校10




房総半島南部の学校には、なぜか椰子の木が多い。

      20160518国府小学校11




広い校庭跡
何も無いから、余計に広く感じます。

      20160518国府小学校12



校庭の一画に土壇。
この一画だけが敷地外になるのか?
何かの塚だと思うのだが、ロープが張られ立ち入り禁止。

      20160518国府小学校13


別なアングル(県道からの反対側)の国府小学校。

      20160518国府小学校14



訪れることを諦めていた国府小学校。
何とか辿り着く事が出来てラッキーでした。
やっぱり、解らないことは地元の人に聞く。

これが正解のようです。









関連記事
スポンサーサイト
2016/06/09 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit