10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

び・び・びのびいすけ

廃校を訪ねて..............................檜原小学校数馬分校 (2016年4月30日)(東京都西多摩郡檜原村) 

4月30日 公休日

4月29日の夜は、仕事を終え帰宅してから
八王子の実家に車を走らせた。
びいすけ を引き取りに行くためです。
この夜は実家の泊まり、朝早くから檜原村に出かけることにしました。

題して、『檜原村の廃校・滝巡り』

最初に向かったのは...............檜原村立檜原小学校数馬分校


数馬分校は、
   
明治7年     檜原小学校の第三分校として『正心学校』と称し創設される。
明治23年    檜原小学校より独立する。
明治44年    南檜原小学校の分教場となる。
昭和46年    南檜原小学校より独立して、
          檜原村立数馬小学校と改称する。
昭和60年    檜原小学校の分校となり、檜原村立檜原小学校数馬分校と改称する。
平成11年    本校に統合され廃校となる。

と、このような沿革となっているようです。



檜原村と言えば、東京都の本州にある唯一の村になります。
東京都に村が存在することが、ちょっぴり意外ですが...............


檜原街道を旧・奥多摩有料道路に向かって走っていくと
檜原村の再奥の集落に数馬に辿り着きます。

檜原街道の信号には、今でも数馬分校前の看板。

      20160430数馬分校01



この信号の場所から右へ上り坂を上がって行きます。
信号近くには、数馬分校の案内板。

      20160430数馬分校02



車でも上がって行けますが、念のため歩いて向かいます。

      20160430数馬分校03


100mほど上がって行くと、右手に建物が見えてきます。

      20160430数馬分校04



小さな白い木造の建物。

      20160430数馬分校05



数馬分校の校舎です。

      20160430数馬分校06



こちらが正門。

      20160430数馬分校07



廃校後、施設は数馬分校資料館として一般に公開されているようです。

      20160430数馬分校08



校庭に車が2台。
ちょうど、バードウォッチングに来られている方がいて
どうやら前日から車中泊で来ているようです。

      20160430数馬分校09



邪魔にならないように、数馬分校を見学します。

山の中の分だから、敷地は広くなく校庭も狭い。

      20160430数馬分校10



校庭側から眺める校舎。

      20160430数馬分校11



この木造校舎は昭和34年に建てられたモノだそうです。

      20160430数馬分校14




玄関には木製の表札。
『数馬分校』と刻まれています。

      20160430数馬分校12



玄関脇の胸像。
タイトルは『少女』。

      20160430数馬分校13

なぜか、二ノ宮像は見当たりません。



      
校庭に残る遊具類。

      20160430数馬分校15


      20160430数馬分校16


      20160430数馬分校17


      20160430数馬分校18


      20160430数馬分校19




校庭の隅に建つ石碑。

      20160430数馬分校20


校舎建設時の寄付をされた方々の名の刻まれた記念碑。

      20160430数馬分校21



木造の倉庫も往時のモノでしょう。

      20160430数馬分校22



校舎の脇に無造作に置かれた机。

      20160430数馬分校23


雨ざらしで、いずれ朽ち果ててしまうのでしょう。



維持費もかかるから大変だとは思うけれど
築57年の木造の校舎。
何時までも、朽ち果てること無くこの地に健在することを期待致します。




関連記事
スポンサーサイト
2016/05/18 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit