08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

び・び・びのびいすけ

百草城址 (2016年4月23日)(東京都日野市) 

4月23日 公休日

この日は、稲城市周辺の城址巡りに出かけました。


関戸城址をあとにして、向かった先は...............百草城址


百草城は、昭和62年(1987)郷土史研究家・宮田太郎氏によって発見された中世の山城です。
京王百草園の西側の丘陵地で曲輪跡、堀切などの遺構が発見されました。
鎌倉期~戦国時代の山城と考えられているそうです。
多摩丘陵の高台にあり、麓の鎌倉街道や多摩川を監視する要所として、
また狼煙台としての機能を担っていたと考えられています。
しかしながら、百草城はその歴史や城主等の詳細は不明な城とされています。


百草園周辺は道も狭く、駐車場も無く車を停める場所も無く
麓の空き地に停めて、台地へ上がって行きます。


百草園には犬連れでは入れそうもないので、
百草八幡神社の裏を目指し進みます。

      20160423百草城址01


百草八幡神社の裏手は朝日山緑地。

      20160423百草城址02



この辺りは既に城域に入っているようです。

      20160423百草城址03



看板の脇から緑地内に入ります。
ちょうど百草八幡神社の社殿の裏手になります。


馬場へと続く虎口。

      20160423百草城址04


      20160423百草城址05



こちらが、馬場と称される削平地。

      20160423百草城址06



土塁のような土壇も確認出来ます。

      20160423百草城址07


百草八幡神社の裏手が南郭になるらしい。

南郭の堀切。

      20160423百草城址08


      20160423百草城址09


百草八幡神社のある場所は、かつて奈良時代に創建された真慈悲寺があった場所らしい。
新田義貞の鎌倉攻め(分倍河原の戦い)で焼失してしまったそうです。
江戸時代になると、その跡地に徳川家康の長男・信康追悼のために松蓮寺が再建されましたが、
明治を迎えると廃されてしまったそうです。


      20160423百草城址10


      20160423百草城址11


とにかく、百草八幡神社の裏手は、スダジイの古木に囲まれ
城址の雰囲気は満ちあふれています。

      20160423百草城址12


      20160423百草城址13



お金(300円?)を払って入場する百草園の奥に北郭があり
物見台もあるらしい。(今回は びいすけ連れ なので未確認。)

フェンス越しに百草園側の城域を眺めます。
フェンスの向こうは北郭と称する本郭。

      20160423百草城址14

展望の長けた物見台もあるらしい。
中に入れないのは残念です。



百草八幡神社周辺はシイノキが群生していて、日野市の天然記念物に指定されています。

      20160423百草城址15

先ほどのスダジイの古木がそうなんですね。



百草八幡神社の鳥居。

      20160423百草城址16


松連禅寺の碑。

      20160423百草城址17

松連寺は明治六年(1873)に廃寺となったそうです。


こちらが百草八幡神社の拝殿。

      20160423百草城址18



百草八幡神社創建の年代は詳しく判っていません。
古くは古八幡宮と称され、社宝の石造狛犬に天平の文字があるので、
古い社であると推測されています。
康平5年(1062)源頼義が奥州征伐の折、この地をよぎられ再建されたといわれています。
建久3年(1192)には源頼朝武運長久を祈願した太刀一振の奉納があったそうです。

      20160423百草城址19



百草城址遠景。

      20160423百草城址20


実は、20代の頃、百草園近くに数年間住んでいました。
近くと言っても、台地麓の川崎街道を挟んだ多摩川に近い場所でしたが...............。

しかしながら、百草園には1度も入った事がなく
今回も断念。
ちょうど、百草城址が発見されて数年後に近くに住んでいたけど
その時は、そんな話題も出なかったような気がします。
まぁ、もっともその頃は城址には興味がなかったからねえ。



関連記事
スポンサーサイト
2016/05/16 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit