05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

び・び・びのびいすけ

びいすけとお父さんと時々もっちゃん

廃校を訪ねて..............................稲城第八小学校 (2016年4月23日)(東京都稲城市) 

4月23日 公休日


この日は稲城市に出かけました。

大丸城址をあとにして、向かった先は...............稲城市立稲城第八小学校




第八小学校は

昭和51年稲城市立稲城第八小学校として開校。
平成14年稲城第五小学校と稲城第八小学校が統合して
新たに平尾小学校が設立(稲城第五小学校の敷地を利用)。
稲城第五小学校と稲城第八小学校は廃校となる。


と、このような沿革となっています。

たった数行の沿革ですが、そこには昭和45年に建設された平尾団地によって地区の人口増加により
平尾地区に新たな小学校が建設されたものと推測されます。
その後、約30年経ち平尾地区の人口も減り、少子化の流れの中で
第五小学校と第八小学校が統合されてしまったものと推測されます。

廃校となった稲城第八小学校は『ふれんど平尾』と言う市民の福祉の増進を図り、
もって魅力ある豊かな地域社会の形成に寄与するため、小学校の施設を利用して
複合施設として活用されています。



こちらが正門。

      20160423稲城第八小学校01



現在は、『ふれんど平尾』と言う複合施設として利用されているから
門には、当然表札は付け替えられています。

      20160423稲城第八小学校02



鉄筋コンクリート4階建の校舎はそのまま流用。

      20160423稲城第八小学校03


      20160423稲城第八小学校04


      20160423稲城第八小学校05



こちらは、体育館。

      20160423稲城第八小学校06



校庭。

      20160423稲城第八小学校07

校庭には遊具類が全く残されていません。


こちらも別な校舎。
校庭に面した2階建の校舎。

      20160423稲城第八小学校08



建物は残っているけれど、廃校記念碑や二ノ宮像が見当たらない。
4階建校舎前の中庭に移動してみます。

      20160423稲城第八小学校09



過去の経験から、校舎前に二ノ宮像が有ったりするんだけど
やっぱり見つかりません。

      20160423稲城第八小学校10


中庭を進んで行けば、やがて裏門(通用口?)

      20160423稲城第八小学校11


      
門の脇にある桜の木もすっかり葉桜です。

      20160423稲城第八小学校12


      20160423稲城第八小学校13


立派な桜の木の脇に建つ標柱。

      20160423稲城第八小学校14

廃校の碑かと思ったら、緯度・経度、そして標高が記された碑でした。


結局、学校遺構を見つけることは出来ませんでした。
ある意味、完全に『ふれんど平尾』と言う複合施設に生まれ変わっていると言うことでしょうか?
廃校の再利用の成果は別として、取り組みの成功例になるのでしょうか?
でも、この稲城第八小学校の卒業生の立場に立ったとしたら、
何か一つぐらい残して欲しかったんじゃないのかな...............?





関連記事
スポンサーサイト
2016/05/14 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit