09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

び・び・びのびいすけ

長沼城址 (2016年4月23日)(東京都稲城市) 

4月23日 公休日

この日は、稲城市周辺の城址巡りをしました。


小沢蔵屋敷跡をあとにして、向かった先は...............長沼城址



長沼城の歴史は古く、鎌倉時代に源頼朝に仕えた長沼五郎宗政の城(館)跡とされています。
ただ今は石碑をわずかに残すのみ。
そして、その石碑も本来の城郭の在った場所からかなり離れた場所に設置されています。
かつては城跡に報恩寺が建てられたそうですが、それも明治30年に廃されてしまったそうです。
小沢城址の西、かつては亀山と呼ばれた張り出た尾根は、多摩ニュータウン開発などにより削られ、
京王相模原線の跨線橋が出来てしまい、郭が在ったとされる場所は、
京王稲城駅として区画整備されてしまいました。

長沼氏は武蔵七党の流れをくむ一族であると伝わるそうですが、
城の歴史や構造など含め詳細は不明となっています。



長沼城の郭跡とされる台地。
現在は、京王相模原線稲城駅のロータリーと化しています。

      20160423長沼城址04


長沼城(別名 亀山城)の在った台地そのものが造成されて改変してしまいました。

駅前のロータリーには、造成時の竣功記念の碑が建てられています。

      20160423長沼城址02


      20160423長沼城址03



駅前には、マンションも建てられ、城址の面影は全く無い。

      20160423長沼城址05



唯一、長沼城址の名残を残すのは、こちらの橋。

      20160423長沼城址06

下を京王相模原線が走る跨線橋。


その名もズバリ!

『城址橋』

      20160423長沼城址07


      20160423長沼城址08


      20160423長沼城址09



一応、城址碑も建てられていますが、郭跡からは300mほど離れた台地下部。
鶴川街道沿いの河川沿いに建てられています。

      20160423長沼城址10

城址碑の碑文によれば、
江戸時代に建立され、明治に廃寺となった『報恩寺』の跡でもあるらしい。


      20160423長沼城址11


      20160423長沼城址12


せめて、この城址碑を駅前のロータリーに建てることは出来なかったのだろうか?
多いなる疑問です..............................。






関連記事
スポンサーサイト
2016/05/13 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit