07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

び・び・びのびいすけ

小沢蔵屋敷跡 (2016年4月23日)(東京都稲城市) 

4月23日 公休日

この日は、稲城市周辺の城址巡りに出かけました。


穴澤天神社をあとにして、向かった先は...............小沢蔵屋敷跡


新編武蔵国風土記稿に「旧跡、小沢蔵屋舗、小名谷戸の内、国安社の北の山間に在」と記載されており、
京王相模原線よみうりランド駅近くの妙覚寺の付近が小沢蔵屋敷とされています。
小沢蔵屋敷は、応安年間(1368年~1374年)頃の人物とされる小沢国高(小沢左衛門尉国高)が築いたとされますが
詳細は不明です。


こちらが、小沢蔵屋敷跡とされる妙覚寺。

      20160423小沢蔵屋敷跡01


      20160423小沢蔵屋敷跡02
      


入口には、稲城市の建てた説明板。

      20160423小沢蔵屋敷跡03

残念ながら、小沢蔵屋敷については一言も触れていません。


そして、城館跡としての遺構は残されていないと言うことです。

かろうじて、この辺りがかつての城館を彷彿させる佇まいでしょうか?

      20160423小沢蔵屋敷跡04



こちらが、妙覚寺の山門。

      20160423小沢蔵屋敷跡05



こちらが本堂。

      20160423小沢蔵屋敷跡06



こちらにも筆塚がありました。

      20160423小沢蔵屋敷跡07

穴澤天神社にも有ったけど、稲城には筆が多い?



筆塚の脇には、不動明王。

      20160423小沢蔵屋敷跡08



石段を上った先には、松荘堂。

      20160423小沢蔵屋敷跡09



さらに、その先の石段を上れば、そこは墓地。
墓地の一画に建てられた板碑。

      20160423小沢蔵屋敷跡10


      20160423小沢蔵屋敷跡11

この板碑は、稲城市の指定文化財になっています。




鐘楼。

      20160423小沢蔵屋敷跡12




墓地のある台地は妙覚寺の本堂を囲むような馬蹄形をしており、
その先へと進んでみます。

      20160423小沢蔵屋敷跡13



物見台のような土壇。

      20160423小沢蔵屋敷跡14



その下には空堀のような窪み。

      20160423小沢蔵屋敷跡15

ひょっとしたら、遺構?


さらに先へと進んでみますが、やがて生い茂る藪が行く手を遮ります。

      20160423小沢蔵屋敷跡16

ここは潔く断念します。


結局、台地上部の墓地の先(奥)に、遺構らしきモノはあるけど
確たる証しはなく、やっぱり遺構は無いのだろうか?
かなり改変されてしまっているから、確認のしようがないけど
寺院に変貌した城館跡って、こんなモノかな...............?




関連記事
スポンサーサイト
2016/05/12 Thu. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit