05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

び・び・びのびいすけ

びいすけとお父さんと時々もっちゃん

小沢城址 (2016年4月23日)(神奈川県川崎市多摩区) 

4月23日 公休日

この日は、八王子の実家に行く用事があったので
東京都稲城市周辺の城址巡りに出かけました。


最初に訪れたのは...............小沢城址


小沢城は、川崎市の西北端、稲城市の市境を接する丘陵上にあります。
『新編武蔵風土記稿』の伝えるところによると、
鎌倉時代初頭の小沢城は、小沢小太郎の居城であったようです。
小沢小太郎は源頼朝の重臣として活躍した稲毛三郎重成の子で、
この地域の支配にあたっていたものと考えられます。

丘陵地形が天然の要害を形づくっているこの地は、
鎌倉道が通る交通の要衝で、多摩川の広い低地や河原をひかえていたため、
鎌倉時代から戦国時代にかけて、たびたび合戦の舞台になりました。
中でも、鎌倉時代末の元弘3年(1333)、鎌倉討幕のために挙兵した新田義貞の軍勢が、
激戦の末、幕府軍を打ち破って鎌倉侵攻の突破口を開いた分倍河原合戦は有名です。
また、南北朝時代に入ると、1351年に足利基氏が、小沢城に籠もった足利直義の軍勢を攻め陥した戦い、
さらに戦国時代にいたっては、北条早雲らが山内上杉顕定を破った合戦などがあり、
小田原北条氏と上杉氏との勢力争いの接点となっていました。
享禄3年(1530)、武蔵最大の支配力を持つ上杉朝興に対し、
小田原北条氏の軍勢は、この小沢城に陣を張って、これを迎え撃ち撃破しました。
これが北条氏康の初陣で、世にいう小沢原合戦です。
群雄割拠の戦国時代に名を馳せた北条氏康の戦の原点とも言える城かもしれません。
小沢城は、1590年秀吉の小田原攻めの際、他の北条氏関連の城同様に廃城となったようです。



小沢城縄張り図

      小沢城址縄張り図


          ( 余胡くんのホームページ   よりお借りしました )



小沢城址へのアプローチは何通りかあるようですが
車を停める場所が無いため、城址麓の穴澤天神社に車を停めて
境内裏の登城路を上ります。


こちらが登城路。

      20160423小沢城址10



間違えないように案内も掲げられています。

      20160423小沢城址11



では、登城開始です。

      20160423小沢城址12


      20160423小沢城址13


      20160423小沢城址14



今、上って来た坂は天神坂と言うらしい。

      20160423小沢城址15



天神坂を上がりきれば、馬場に出ます。

      20160423小沢城址16

二郭になるのかと思ったら馬場になるらしい。


馬場から少し上がれば、立派な城址碑が建てられています。

      20160423小沢城址17


      20160423小沢城址18


そして、説明板。

      20160423小沢城址19


馬場には、もう一つの説明板もあります。

      20160423小沢城址20

この小沢城址、地元の保存会の方々が管理されているようで
ある果てた感はなく、また近隣のハイキングコースにもなっているため
管理が行き届いています。


こちらは、富士塚。

      20160423小沢城址21


      20160423小沢城址22


      20160423小沢城址23



小沢城址は、天神山と浅間山に挟まれた丘陵一帯、
尾根沿い一帯が城域となっています。
天神山の富士塚から一度下ると空堀。

      20160423小沢城址24


      20160423小沢城址25



土橋もハッキリと確認出来ます。

      20160423小沢城址41



土橋の先は、物見台。
空堀から少し上ります。

      20160423小沢城址26


      20160423小沢城址27



物見台から下れば、井戸跡。

      20160423小沢城址28


      20160423小沢城址29



そして、再び上りの階段。
上りきれば浅間山。

      20160423小沢城址30



浅間山頂上。(頂上と言っても大した山ではありません。)

      20160423小沢城址31


      20160423小沢城址32


浅間山頂部にある祠。

      20160423小沢城址33



天神山頂部下の郭。

      20160423小沢城址34


郭には説明板が建ち、縄張り図も描かれています。

      20160423小沢城址35



浅間山頂部と郭の間にある物見台。

      20160423小沢城址36



物見台を逆アングルから。

      20160423小沢城址37




郭下の大堀切。

      20160423小沢城址38


大堀切に向かおうと台地下部に降りてみますが
そこは、適度に伐採され管理されている竹林の中。

      20160423小沢城址39


      20160423小沢城址40



この時期は筍の時期だから、ヘタに中に入って色々と面倒な事になるのも嫌だから
ここは素直に撤収。


あまり期待していなかった小沢城址ですが、意外や意外。
遺構もしっかり確認出来、ハイキングコースになっているとは言え
しっかりと管理され、遺構を破壊すること無く、それなりに整備されている。

ボランティアの方々の尽力に感謝です。






関連記事
スポンサーサイト
2016/05/11 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit