06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

び・び・びのびいすけ

手作りに挑戦..............................犬服 第67作目 (2016年6月6日) 


昨年からハマっている犬服作り。

最近の犬服作りのパターンは、まとめて作る。
使用する生地は別なものでも、別々に一から作業をするのではなく、
同じ工程をまとめて行うと言う、効率的(?)なパターンにしています。
即ち、生地取りをするのなら、何着分かまとめて裁断し、
まとめてミシンを掛けると言うパターン。
リブも寸法に合わせてまとめて作り、一気にリブ付けをしています。


5月の初めに新たな犬服を作り始めたのですが
急にミシンが壊れてしまい、仕掛かり途中で中断していました。

5月末に中古品ながら、新たなミシンを手に入れたので
仕掛かり途中の犬服作りの復活です。


先ずは、5月初旬の作り始めから...............
(かなり、記憶が疎らになってきています。)

犬服作り、その第67作目です。


今回は以前、もっちゃん から貰った要らなくなったパーカーを
びいすけ のラグラン袖の服にリメイクいたします。

      犬服6701



ハサミで大胆に解体して、型取り(生地取り)です。

先ずは、後ろ身頃から。
型紙を当てて、チャコでマーキング。

      犬服6702

チャコのマーキングに合わせて、ローリングカッターで裁断します。



続いて、前身頃。
同じように、型紙を当てて、チャコでマーキング。

      犬服6703

チャコのマーキングに合わせて、ローリングカッターで裁断。



続いて、両袖。
袖は、以前解体したパーカーの生地の端切れを使いましょう。
( 犬服作り第63作で使用したものです。)

型紙を当てて、チャコでマーキングした後
ローリングカッターで裁断します。

     犬服6704


生地取り完了。

     犬服6705




こちらが、後ろ身頃。

     犬服6706





こちらが前身頃と両袖。

      犬服6707



それでは、ミシン掛けに取り掛かります。
先ずは、前身頃と後ろ身頃を縫い合わせて、身頃を作ります。

直線縫いでカタカタカタ。

      犬服6708




ほつれ防止にジグザグ縫いでカタカタカタ。

      犬服6709




続いて、袖作り。

袖の端を縫い合わせて筒状にします。
直線縫いでカタカタカタ。

      犬服6711



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。





今度は、袖を身頃に縫い付けます。

直線縫いでカタカタカタ。

      犬服6712



ほつれ防止のジグザグ縫いでカタカタカタ。

      犬服6713



身頃と袖の縫い付け完了。

      犬服6714



これで一応、犬服の形は出来上がり。
とりあえず、びいすけ に仮試着させてみましょう。

     犬服6715

とりあえず、問題は無さそうです。



この時、2着同時進行で犬服を作っていて
ここまでの工程をもう1着別な犬服で縫っていたら...............
ミシンが壊れてしまいました。
この日は、ここで作業終了です。




6月6日 公休日。

ミシンも手に入れ、犬服作りの再開です。


今回、リブはこちらを用います。

     犬服6716


リブ幅は6cmで裁断します。
襟口は16cmだから14.5cmでカットします。
袖口は10cmだから9cmにカットします。
裾周りは36cmだから32cmでカットします。

     犬服6717


リブ生地の端を縫い合わせて、輪っかを作ります。

犬服6718



リブ生地の端を縫い合わせて
襟口、袖口、裾周りと各部の輪っかが出来ました。

     犬服6719




それでは、リブの縫い付けです。

輪っかを引っ張りながら、マチ針で身頃に固定。
直線縫いでカタカタカタとミシン掛け。

     犬服6720


ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     犬服6721



続いて、袖口のリブの縫い付けです。

同じように、引っ張りながらマチ針で身頃に固定。
直線縫いでカタカタカタとミシン掛け。

      犬服6722



ほつれ防止のジグザグ縫いも忘れません。

      犬服6723



襟口と袖口のリブ付け完了。

      犬服6724

残すは裾周りのリブの縫い付けです。



リブの輪っかを引っ張りながら、マチ針で身頃に固定。


リブを引っ張り気味にして、一気に直線縫い。

      犬服6725



ほつれ防止のジグザグ縫いも一気に済ませちゃいましょう。

      犬服6726



これで、一応全てのミシン掛けの完了です。

      犬服6727


即ち、これで完成。


出来上がりは、こんな感じです。

      犬服6728


      犬服6729


      犬服6730



それでは、 びいすけ による試着タ〜イム。

      犬服6731


      犬服6732


      犬服6733


柄も無いから、単色だと味気ないけれど
あえて、同じ肌触りの生地の色違いを袖に使ったことで
メリハリが効いた仕上がりになった気がします。
無地だから、パンチが無いような気がしなくは無いけれど
これはこれで良しといたしましょう。

犬服づくり、第67作目。
これにて完成です!



( もっちゃんへ 頂いたパーカーは有効に再利用させてもらいました。)




関連記事
スポンサーサイト
2016/06/21 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit