07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

び・び・びのびいすけ

堀ノ内館跡      (2016年4月15日)(茨城県かすみがうら市) 

4月15日 公休日

個人的な3連休の2日目。

この日は、茨城県のかすみがうら市に出かけました。

富士見塚古墳公園をあとにして、向かった先は............... 堀ノ内館跡



堀ノ内館は、城主等詳細や歴史は未詳であるが、
小田氏に属した土豪層の居館であったのではないかと推測されるようです。



こちらが、堀ノ内館の縄張り図

      堀ノ内館縄張り図

余胡くんのホームページ 〈余胡さんのお城のページ〉 よりお借りしました。 )



実は、この場所には以前訪れたことがありました。
今は廃校となってしまった 出島村立田伏小学校跡 です。
( その時の記事は こちら


堀ノ内館の二郭が田伏小学校跡地になるようです。

      20160415堀ノ内館跡01

現在は農村公園と農村集落センターとなっています。



その手前に左の森の中へと続く進入路。
主郭へと導いとくれるようです。

      20160415堀ノ内館02



臆せず、中へと進んで行きましょう。


しばらく進んで行くと、左側に土壇。

      20160415堀ノ内館05



土壇中央には、社。

      20160415堀ノ内館03


小さな祠もあります。

      20160415堀ノ内館04

どうやら、この辺りが主郭中心部のようです。

社の脇には、台地下の民家の方の先祖の墓でしょうか?
墓石が何基も並んでいました。




主郭から台地下部へと続く空堀。

      20160415堀ノ内館06

横堀からやがて竪堀となっているようです。



主郭と二郭の境界になるのか?
土塁のようにも見えるし、小学校跡地への道を作る時の整地の名残りなのだろうか?

      20160415堀ノ内館07



その土塁(?)の切れ目。

      20160415堀ノ内館08



奥には墓石と言うか、碑が建っています。

      20160415堀ノ内館09



おそらく、この碑のために虎口のようになっている。

      20160415堀ノ内館10



城塁のようにも見えなくはない。
中央の切れ目が先ほどの虎口(?)

      20160415堀ノ内館11



一度、台地下部まで下ってみます。


主観遠望。

      20160415堀ノ内館12




旧・田伏小学校の正門。
この上が二郭二郭なります。

      20160415堀ノ内館13


二郭へと続く稜線。

      20160415堀ノ内館14

明らかに人の手によるモノと判る曲線美。
学校建設時に改変されたモノかもしれません。



二郭と三郭を隔てる堀切。

      20160415堀ノ内館15


現在は道路となっているが、かつての空堀かもしれません。

      20160415堀ノ内館16



この石段を上って、三郭へと進んで行きましょう。

      20160415堀ノ内館17



奥には土壇。

      20160415堀ノ内館21



土壇奥には祠も見えます。

      20160415堀ノ内館18


      20160415堀ノ内館19


      20160415堀ノ内館20


      

土壇下には小さな社。

      20160415堀ノ内館22



社脇の土塁。

      20160415堀ノ内館23



城主も歴史も不明だけど、郭跡が学校になると言う王道とも言える廃城後の使い道。
ただ、その小学校も廃校になってしまっているけれど...............

時代の流れに逆らえず、城は無くなり、学校も消えていった。
この地にかつて、城館が在り。
そして小学校も在り。
そんなことも忘れさられていってしまうんだろうなぁ...............。






関連記事
スポンサーサイト
2016/05/02 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit