05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

び・び・びのびいすけ

びいすけとお父さんと時々もっちゃん

廃校を訪ねて...............番外編 偶然見つけた学校跡地 (2016年4月11日)(茨城県北相馬郡利根町) 

4月11日 公休日

この日は、利根町の『利根七福神』巡りをしていました。

『利根七福神』の弁財天のある来見寺の隣に
布川地区コミュニティセンターがあります。

このコミュニティセンターのある敷地が
フェンスに囲まれた敷地ですが、フェンス沿いの桜の木に
ついてい、学校らしさを感じてしまう。
どう見ても、学校跡地のように見えてしまう。

気に成りだすと、確認したくなるのが私の性分。


敷地内(駐車場脇)の一角には遊具がある。

      20160411旧布川小学校跡09



そして、遊具の側には、こんなオブジェ。

      20160411旧布川小学校跡02



台座をじっくり見てみると...............

      20160411旧布川小学校跡01

何やら文字が刻まれている。



さらに、近づいて見てみると...............

      20160411旧布川小学校跡13

昭和41年度卒業生記念制作 と刻まれています。


まさしく、卒業記念のオブジェ。


って言うことは、ここは学校跡地?
それとも、オブジェを移設したのか?


すぐさま、コミュニティセンターの職員の方に尋ねてみました。

その職員の方の話では昭和40年代半ばまで
この地に布川小学校が在ったそうです。
この地から、布川中学校跡地に新たな校舎を建てて
布川小学校は移転したそうです。

実は、お話を伺った職員の方が、この地に布川小学校が在った時の在校生で
布川小学校を卒業して数年後に移転したそうです。


布川小学校の遺構として、残っているのは、このオブジェだけらしい。


一応、職員の方にお断りをして、敷地内を見学させて貰うことにしました。




この時点では、いつこの場所から移転したのか?
詳しい沿革が判らなかったから、あとで利根町役場の中にある教育委員会を訪ねたら
そちらでも判らなかった。
ただ、教育委員会の方が色々と調べてくれたようで
平成20年に行われた布川小学校の閉校式のパンフレットのコピーを送ってくれました。


そのパンフレットから抜粋すれば


布川小学校の沿革は

明治6年     徳満寺に学校を設置し、『刀陽小学校』と称する。
明治9年     学校所在地の名称を用い、『布川小学校』と改称する。
明治15年    新校舎完成、布川小学校の開校式を行う
           (この時に来見寺隣接地に移転したと思われます)
明治19年    布川尋常小学校と改称する。
明治44年    高等科を設置し、布川尋常高等小学校と改称する。
昭和22年    学制改革により布川町立ふかわ小学校と改称する。
昭和30年    深川町、文村、文間村、東文間村が合併して利根町が誕生。
          利根町立布川小学校と改称する。
昭和48年    中学校深川教場跡に新校舎を建設して移転
平成20年    太子堂小学校と合併して廃校となる。
          尚、新たな組織として太子堂小学校の敷地に布川小学校開校。

とこのような沿革となっています。


不明だった布川小学校の沿革が判りました。
利根町教育委員会の方々、ありがとうございました。




こちらが、旧・布川小学校の正門跡。

      20160411旧布川小学校跡03

いかにも、学校の校門跡って言う感じがします。



フェンス沿いの桜並木。

      20160411旧布川小学校跡04

この桜は布川小学校時代から、ここにあったらしい。
毎年綺麗な花を咲かせているそうです。



敷地内のかなりの部分が駐車場と化していますが
びいすけ の奥、民家の手前辺りに校舎が建っていたらしい。

      20160411旧布川小学校跡05



こちらは反対側にあたる駐車場。

      20160411旧布川小学校跡06

こちらは校庭だったそうです。



現在、敷地には布川地区コミュニティセンターが建っています。

      20160411旧布川小学校跡07



コミュニティセンターに隣接する 利根町民すこやか交流センター。

      20160411旧布川小学校跡08



コミュニティセンターと駐車場の間の一角が
かつての布川小学校を彷彿させる空間のようです。

      20160411旧布川小学校跡10



こちらの銀杏の樹も、数年前に枝を伐採されてしまいましたが
以前は壮大な姿を見せていたそうです。

      20160411旧布川小学校跡11



来見寺との境界にある桜の木。

      20160411旧布川小学校跡12


春には桜の花を眺め、風に桜の花が舞い、
秋には黄金色の銀杏の葉が舞う姿が
昭和40年代のこの布川小学校には、きっと似合っていたのでしょう...............。




  
関連記事
スポンサーサイト
2016/04/21 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit