09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

び・び・びのびいすけ

田牛サンドスキー場 (2016年3月7日)(静岡県下田市) 

3月7日 公休日

個人的な連休初日。

この7日〜8日の連休を利用して伊豆に旅行に出かけました。

6日の夜、千葉の佐倉から八王子の実家へ移動。
7日の朝、妹の もっちゃん を助手席に、
びいすけ をリアシートを倒して作ったスペースに乗せて
小雨が降る空を恨めしく眺めながら出発。
相模原相川ICから圏央道、厚木から小田原厚木道路経由で
一路、伊豆半島を目指します。
一応、目的地は下田にして、小田原から一気に南下します。

雨が止んでくれるのを期待しながら
向かった先は...............田牛サンドスキー場


昨年の秋、一度こちらには訪れましたが
以前から、妹の もっちゃん と『一緒に行こう!』 と言っていましたが
抜け駆けをしてしまったので、今回の伊豆旅行の候補地にいたしました。


      20160307田牛サンドスキー01



思いの外時間が掛かり、現地に着いたのが11時半。
小雨が降っているけど、ココまで来たら雨なんか関係無い。
ソリを手にサンドスキー場に向かいます。

      20160307田牛サンドスキー02


前日、何軒かのお店を回って、ソリをゲットした もっちゃん 。
気合いが違います(笑)。

黙々とサンドスキー場の頂上へと向かいます。

      20160307田牛サンドスキー03


サンドスキー場の頂上。
意外に高さがある。

      20160307田牛サンドスキー04



小雨が降っているけど、関係無い。

先ずは、先陣を切って私(びいすけ父さん)がチャレンジ。

      20160307田牛サンドスキー05



砂が湿っていて、なかなか上手く滑ってくれない。

      20160307田牛サンドスキー06



砂の濡れ具合いもさることながら、体重70kg超では、やはり上手く滑らない。

      20160307田牛サンドスキー07


それでも、何とか滑っていきます。

      20160307田牛サンドスキー08



意外にって言うか、超楽しい(笑)。

      20160307田牛サンドスキー09


私が滑っているのを頂上で見ていた びいすけ 。

      20160307田牛サンドスキー10



選手交代。今度は もっちゃん の番です。

      20160307田牛サンドスキー11



何と、 びいすけ を抱き抱えてのチャレンジです。

      20160307田牛サンドスキー12



スムーズに滑り降りていきました。

      20160307田牛サンドスキー13


      20160307田牛サンドスキー14


      20160307田牛サンドスキー15



なぜか、砂山を駆け上がってくる びいすけ 。

      20160307田牛サンドスキー16



一目散に私の元へ駆け上がって来ます。

      20160307田牛サンドスキー17


さすがに急斜面。

      20160307田牛サンドスキー18


でも、急斜面も何ともせず、私の元へ駆け上がって来ました。

      20160307田牛サンドスキー19

う〜む、可愛いヤツ(笑)。


と、思っていたら、
今度はソリを持って斜面を上がってくる もっちゃん へと走って行きます。

      20160307田牛サンドスキー20


そして、再び斜面を登ってくる びいすけ 。
砂を走るのが楽しいのかな?

      20160307田牛サンドスキー21



まるで坂路調教?

      20160307田牛サンドスキー22


しかし、元気だねぇ。

      20160307田牛サンドスキー23

私と もっちゃん は上がってくるだけで息がゼイゼイ(笑)。



だって、下から見上げるとこんな急斜面なんだよねぇ。

今度は、私が びいすけ を抱き抱えて滑り降ります。

      20160307田牛サンドスキー24


      20160307田牛サンドスキー25


滑り降りているはずが、途中で横転。

      20160307田牛サンドスキー26


さすがに、70kg超の体重と びいすけ の体重13kgの重さでは上手く滑れません。

      20160307田牛サンドスキー27


びいすけ を置いて、単独で再チャレンジ。

      20160307田牛サンドスキー28

やっぱり楽し〜い!

再び転んで、背中は砂だらけ。
置いていかれた びいすけ は、吠えながら下り降りてきます。

      20160307田牛サンドスキー29

小雨に濡れ、髪の毛から滴が垂れようが
すっ転んで背中が砂だらけになろうが
斜面を上がって息がゼイゼイしようが
やっぱり、楽し〜い!

でも、本来は小雨の中で遊ぶモノじゃないですね。


砂山にソリの跡。

      20160307田牛サンドスキー30


ソリも買っちゃったし、またいつか晴れの日に
思い切り砂遊びをしに来よう!

リベンジ、アゲイン!












関連記事
スポンサーサイト
2016/03/29 Tue. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit